1. Home
  2. イベント
  3. 三池敏夫監督の連載日記 ①  文・写真/三池敏夫

三池敏夫監督の連載日記 ①  文・写真/三池敏夫

~「熊本城×特撮美術 天守再生プロジェクト展」 ~熊本市現代美術館にて3/18(日)まで

  • 情報掲載日:2018.02.02
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

【特撮博物館】

 現在、熊本市現代美術館で「熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展」を開催中です。どうしてこの企画が生まれたのかについてお話したいと思います。
2015年4月から6月まで同じく市現美で「館長庵野秀明特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」という展示が行われました。これは2012年に東京から始まり、その後4ヵ所日本各地で巡回した展示です。熊本展はその最後でした。
 当初は熊本での開催は難しいと聞いていたのですが、現美の皆さんの熱意で熊本展が実現しました。故郷での特撮展は私の念願であり、最終的には7万人のお客さんにご来館いただき大成功でした。特撮博物館のおかげで、過去の遺物になりかけていたミニチュアや特撮技法が世の中に広く認知されたと思います。
 それから1年後、熊本地震が起こります。私の実家も被災し、たびたび熊本に帰ることになります。現美の様子を伺いに顔を出した折、ミニチュアでの熊本城展示という提案をいただきました。特撮博物館が熊本で開催され、私が熊本出身という巡り合せでこの企画が動きはじめました。
 映画の仕事で常々頼りにしているマーブリングファインアーツの岩崎憲彦社長も「熊本のために出来ることがあれば」とおっしゃっていただき、全面的にミニチュア製作をお願いすることになりました。
 メイキング映像の中に、特撮博物館で上映した「巨神兵東京に現わる」の映像が出てきますが、それも庵野秀明さんや樋口真嗣さんはじめ関係各位のご厚意で使わせていただきました。特撮関係者の色紙は私がお願いして描いてもらいましたが、熊本復興の願いを込めて素晴らしい絵が出来上がりました。

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS