1. Home
  2. イベント
  3. 三池敏夫監督の連載日記 ⑧ 文・写真/三池敏夫

三池敏夫監督の連載日記 ⑧ 文・写真/三池敏夫

~「熊本城×特撮美術 天守再生プロジェクト展」~熊本市現代美術館にて3/18(日)まで~

  • 情報掲載日:2018.03.05
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

照明効果

 ミニチュアセットのクオリティを上げるのはもちろん大事ですが、それをいかに見栄え良くするかは見る位置と照明の当て方がとても重要になります。映画作品の評価でも、美術セットの優劣は誰にもわかりやすい部分ですが、なかなか撮影・照明の貢献は伝わりにくいところです。
 今回、特撮美術として展示するのであれば、時間による照明変化がぜひ欲しいと思いました。本当は、ミニチュアのビルや民家の窓明かり、そして街灯や車のヘッドライトも電飾を入れたかったのですが、それは予算的にとても無理とわかりあきらめました。
 夕景のライティングですが、照明予算もギリギリだと聞いていたので、実は私のプランでは入れてなかったのです。これは照明チームが自発的に夕景もあったほうがいいでしょう?と用意してくれたのです。皆の気持ちで飾りが良くなっていく、これが共同作業のうれしい瞬間です。 (次回へ続く)

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS