1. Home
  2. イベント
  3. 《熊本市中央区上通町/きっかけは「彫刻」。-近代から現代までの日本の…

《熊本市中央区上通町/きっかけは「彫刻」。-近代から現代までの日本の彫刻と立体造形》教科書で見た「あの名作」が勢ぞろい!

  • 情報掲載日:2019.09.18
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
高村光太郎《手》1918年頃 東京国立近代美術館所蔵 撮影:大谷一郎
高村光太郎《手》1918年頃 東京国立近代美術館所蔵 撮影:大谷一郎

教科書で見た「あの名作」が勢ぞろい!
「彫刻」という概念が誕生した明治期から現代まで、それぞれの時代を象徴する代表作を東京国立近代美術館所蔵作品より紹介。
近代日本彫刻をテーマにした県内初の大規模な企画展。

Information

2019年度国立美術館巡回展 東京国立近代美術館所蔵品展
きっかけは「彫刻」。-近代から現代までの日本の彫刻と立体造形
開催期間
9/21(土)~11/24(日)
10:00~20:00(有料展入場は19:30まで)
会場名
熊本市現代美術館 ギャラリーⅠ
会場住所
熊本市中央区上通町2-3
休み
火曜休館(祝日の場合は翌平日)
料金
一般1,000(800)円、シニア800(600)円、学生(高校生以上)500(400)円、中学生以下無料
※()内は前売・20人以上の団体割引
問い合わせ先
熊本市現代美術館
問い合わせ先
電話番号
096-278-7500
リンク
「彫刻」。 - 熊本市現代美術館

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS