1. Home
  2. イベント
  3. 《石川賢治 月光写真展》【招待券プレゼントあり】自然が描く、神秘の瞬間…

《石川賢治 月光写真展》【招待券プレゼントあり】自然が描く、神秘の瞬間。五感を刺激する「月光浴の旅」へ…

  • 情報掲載日:2019.07.26
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

太陽光のわずか46万5千分の1という満月の光だけで撮り続ける
福岡市出身の月光写真家・石川賢治、九州地区初公開の作品シリーズ。

 7年間をかけて世界を巡り完成した写真集『宙(そら)の月光浴』。本展はこの『宙の月光浴』より、イグアスの滝(ブラジル・アルゼンチン)、モニュメントバレー(アメリカ)、ウユニ塩湖(ボリビア)などの作品を中心に、バオバブの樹(マダガスカル)、ガラパゴス諸島の化石的動植物を撮影した九州地区初公開の作品群に合わせ、代表作「岬と波」(サイパン島)や、天空に浮かぶヒマラヤ連山(チベット)、京都の金閣寺など過去の代表作を含め約70 点を展示。
中でも樹齢7200 年とも言われる巨樹・屋久島の縄文杉は実物大のサイズで観ることができる。

 ほの暗く照明を落とした会場では、サウンドクリエーター・中田悟氏が世界中のロケに同行し、石川が撮影する隣で録音された満月の夜の自然音を流す演出も。目と耳で“月光浴の旅”を体感し、五感を刺激する満月空間となっている。会期は9月、「仲秋の名月」とあわせ、秋のイムズへ“月光浴”をしに足を運んでみては?

「星とイナズマ」アメリカ/モニュメントバレー/2008年
「星とイナズマ」アメリカ/モニュメントバレー/2008年
「湖に映るバオバブ」マダガスカル/ムルンダバ/2005年
「湖に映るバオバブ」マダガスカル/ムルンダバ/2005年
「月光のベンケイソウ」サイパン/1986年
「月光のベンケイソウ」サイパン/1986年

●石川賢治/いしかわ けんじ
1945 年福岡市生まれ。’67 年日本大学芸術学部写真学科卒業。ライトパブリシティ入社。’76 年よりフリーランス・フォトグラファーとして活動を始め、CF・スチールを数多く手掛ける。’84 年秋より月光写真に取り組み、初の写真集『月光浴』(’90 年小学館)が一大センセーショナルを巻き起こす。その後の写真集に『神の降りた夜/新月光浴』(’93 年集英社)、『大月光浴』(’96 年小学館)、『満月の花』(’98 年小学館)、『月光の屋久島』(2000 年新潮社)、『地球月光浴』(’01 年新潮社)、『京都月光浴』(’03 年新潮社)、『天地水月光浴』(’06 年新潮社)、『宙の月光浴 』(’12 年小学館)、『月光浴 青い星』(‘16 小学館)、DVD『月光浴 Moonlight Shower』(’06 年CCC)を発表。

読者限定!『宙の月光浴』ペア招待券を3組(6名)にプレゼント

ペア3組(6名)に招待券をご用意!応募方法は以下の通りです。当選者は抽選の後、賞品の発送を持って代えさせて頂きます。

◆メールにて応募
必要事項をご記入の上、下記メールアドレスへご応募ください。
【必要事項】氏名、住所(チケット送付先)、連絡先(電話番号)
【宛先アドレス】 tankuma-info@ultrahouse.co.jp ※件名を「月光写真展」とし、送信ください。

※応募〆切
2019年8月31日(土)23:59

Information

イムズ30周年特別企画
石川賢治 月光写真展 宙(そら)の月光浴 〜space of spirit〜
開催期間
2019年9月11日(水)~9月25日(水) 10:00~20:00(最終日9月25日(水)は19:00閉場、入場はいずれも閉場の30分前まで)
会場名
イムズ9階 イムズホール
会場住所
福岡市中央区天神1-7-11
料金
一般 800円(600円)/高・大生 600円(500円)/中学生以下無料
※( )内は前売り、10 名様以上の団体割引料金
※前売り券はチケットぴあ(Pコード769-790)で9月8日(日)まで発売
問い合わせ先
イムズ
問い合わせ先
電話番号
092-733-2001(10:00〜20:00)
リンク
石川賢治 公式HP

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS