1. Home
  2. グルメ
  3. 《中央区西唐人町/珈琲回廊》明治時代に建てられた町家をリノベーション…

《中央区西唐人町/珈琲回廊》明治時代に建てられた町家をリノベーション【私がカフェに行く理由】

Hello new face!〜カフェブームは終わらない!?

  • 情報掲載日:2020.01.27
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

続々とオープンしているカフェ。
これはブームのひと言では片づけられない。
もはやカフェ自体が“熊本のカルチャー”なのでは……?
どんどん進化していく熊本のカフェへ、ようこそ。

珈琲回廊(こーひーぎゃらりー)

近隣の常連客から県外のコーヒーフリークまで幅広い層が訪れる
近隣の常連客から県外のコーヒーフリークまで幅広い層が訪れる
新旧のコントラストで魅せる
西唐人町の新たなランドマーク

 熊本のコーヒー好きに絶大な信頼を寄せられる新町のロースター『COFFEE GALLERY』が、唐人町通りにリニューアルオープン。築120年の古民家とモダンな現代建築が融合した空間、研ぎ澄まされたコーヒーの味わいが話題の『珈琲回廊』を訪れてみた。
 もともと「歴史ある建物でお店を開きたい」と考えていた村井オーナー。熊本地震後、解体の危機を乗り越えた町家に惚れ込み、「町の復興の拠点にできれば」と出店を決めたのだとか。シックな炭漆喰の壁に筋交いが映え、飴色の梁も美しい吹き抜けの店内には、刻々と移り変わる光とコーヒーの豊かな香りが広がり、思わず深呼吸したくなる心地よさだ。

和建築の趣と機能美をたたえたデザインが見事に調和した店内
和建築の趣と機能美をたたえたデザインが見事に調和した店内
日替わりのドリップやラテ、カプチーノなど専門店らしいラインナップ
日替わりのドリップやラテ、カプチーノなど専門店らしいラインナップ
すべてシングルオリジンの上質なコーヒー豆は200g 1,026円~
すべてシングルオリジンの上質なコーヒー豆は200g 1,026円~
大福とおはぎは、どちらも180円。意外なほどコーヒーと相性◎
大福とおはぎは、どちらも180円。意外なほどコーヒーと相性◎
シアトル生まれのエスプレッソマシンはスケルトンの特注仕様
シアトル生まれのエスプレッソマシンはスケルトンの特注仕様

 カウンターに据えられたスケルトンのエスプレッソマシン、選りすぐった約20種類の生豆が存在感を放つ同店だが、この店を語るうえで欠かせないのが3台の焙煎機。1回にわずか200〜600gの豆のみ焙煎可能というこのマシンは、常に新鮮な豆の美味しさを味わってほしいという信念を体現している。もちろんコーヒー豆を購入する場合は、選んだ豆を目の前で焙煎してくれるというから嬉しい限り! 豆の特性や好みに合わせて繊細に火入れを行い、チャフと呼ばれる薄皮を丁寧に取り除いたコーヒーは、えぐみや雑味をまったく感じさせない澄んだ香りと味わいが魅力だ。
 コーヒー豆を購入すると、ドリップコーヒーを一杯サービスしてくれる同店。のんびりと焙煎を待つ間には、専属パティシエお手製の大福やおはぎも楽しめる。大きなガラス窓から行き交う人々を眺めるも良し、ソファに沈み込んで坪庭の四季を愛でるも良し。レトロな町並みに溶け込むスタイリッシュな空間で、至福のひとときを過ごそう。

「コーヒー本来の美味しさを伝えたい」と語る焙煎士の根本さん
「コーヒー本来の美味しさを伝えたい」と語る焙煎士の根本さん
「美味しいコーヒーとお菓子でホッとひと息ついてくださいね」とユニフォームの法被がお似合いのバリスタの清田さん(左)と広報の高岡さん
「美味しいコーヒーとお菓子でホッとひと息ついてくださいね」とユニフォームの法被がお似合いのバリスタの清田さん(左)と広報の高岡さん
古き良き町家の雰囲気を色濃く残すオーセンティックな佇まい
古き良き町家の雰囲気を色濃く残すオーセンティックな佇まい

Information

珈琲回廊(こーひーぎゃらりー)
住所
熊本市中央区西唐人町20
電話番号
096-325-1533
営業時間
9:00~21:00
休み
なし
席数
30席
駐車場
なし(近隣パーキングあり)
備考
カウンター:あり
個室:なし
座敷:あり
キッズチェア:なし
喫煙:不可
テラス:なし
無料Wi-Fi:なし
カード利用:不可

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS