1. Home
  2. グルメ
  3. 和彩旬香 もぐら

グルメぱぁ~てぃSpecial 2019

和彩旬香 もぐら

特別な日に選びたい「熊本の日本料理」

  • 情報掲載日:2019.06.03
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

カウンター越しに引き出されるのは旨い酒か、夜咄か

「もぐら」の特等席はカウンター。メニューに載っていない料理のリクエストやお客さんからの「おまかせ」に応じることも多い
「もぐら」の特等席はカウンター。メニューに載っていない料理のリクエストやお客さんからの「おまかせ」に応じることも多い

今宵の一軒の決め手になるものは何か。
旨い酒、美味しい料理、適正な価格。
どれも大事だが、酸いも甘いも噛み分けた大人には、居心地の良いカウンターがある店がいい。
店主との距離感はつかず、離れず、丁度よく。
絶妙なタイミングで出される料理を口に運べば、一杯、また一杯と盃が重なるはず。
酒にほだされてつい、するすると本音も出る。
とっておきの夜咄(よばなし)が始まったころ、店主の〝隠し酒〟も引き出されるようだ。
ちなみにこれは、練兵町にある「もぐら」の話。

店主・澄田義治さんは根っからの日本酒好き。写真は、そんな澄田さんの“隠し酒”であるコレクションの一部。「新政酒造」の“やまユ”(写真左)、「野口尚彦研究所」の純米大吟醸(写真中央)など日本酒ファン垂涎の1本ばかり! もちろん店内で飲むことができる
店主・澄田義治さんは根っからの日本酒好き。写真は、そんな澄田さんの“隠し酒”であるコレクションの一部。「新政酒造」の“やまユ”(写真左)、「野口尚彦研究所」の純米大吟醸(写真中央)など日本酒ファン垂涎の1本ばかり! もちろん店内で飲むことができる

やみつき度の高い黒毛和牛&雲丹の妙に日本酒も進む

同店を一躍有名にした“黒毛和牛サーロインの雲丹巻”2,700円。アツアツの溶岩でサッと焼き、わさび醤油でいただく。SNS映えも抜群だ
同店を一躍有名にした“黒毛和牛サーロインの雲丹巻”2,700円。アツアツの溶岩でサッと焼き、わさび醤油でいただく。SNS映えも抜群だ

 熊本に遊びに来る大切な友人を案内する時。得意先とのちょっとかしこまった会食や接待が決まった時。ありふれた日々のなかの特別な夜を、首尾上々に運んでくれる名店が『もぐら』だ。仕事を終え、逸る(はやる)気持ちを抑えて扉を開けると、印象的な巨岩の向こうに広がる木のカウンターに思わずホッとする人も多いだろう。
 和食ひと筋23年目。幼い頃から料理人を目指していた店主・澄田義治さんは、年を重ねても包丁を握り続けたいと、フレンチでも中華でもなく日本料理の道へ進んだ。自身の店を構えて6年。晴れて夢を叶えたいま目指す店の形とは。「お客様が『もうこんな時間?』と驚くほど、時間を忘れて楽しめる店」と笑顔を見せてくれた。
 修行時代から、素材選び、器選びへのこだわりは尽きない。自ら市場へ出向くことも多く、店で使用する有田焼きの器は月に一度は新調。それでも酒の肴を500円台から用意したり、子ども連れにも喜ばれる個室を完備したり、メニューに載らないリクエストを受けてくれたり……。いろんな世代の人たちが、ついつい通ってしまう貴重な店なのだ。特にカウンターでは、季節の移ろいを感じる誠実な料理がテンポ良く運ばれ、会話が深くなればレアな〝隠し酒〟が登場することも。カウンター越しの店主は今宵も、楽しみ方をお客さんにゆだねてくれる。

1階と2階に用意される個室は、テーブルと掘りごたつの全9室。宴会、接待、商談、デート……まさに何でもござれな“全方位型”。つい長居してしまう雰囲気だ
1階と2階に用意される個室は、テーブルと掘りごたつの全9室。宴会、接待、商談、デート……まさに何でもござれな“全方位型”。つい長居してしまう雰囲気だ
オープン以来、のどぐろやキンキなどの高級魚を提供。写真は“のどぐろの塩焼き”。
オープン以来、のどぐろやキンキなどの高級魚を提供。写真は“のどぐろの塩焼き”。
通常より早く収穫される初産卵以前の“処女牡蠣”は天草産のもの。小ぶりだが、濃厚でクリーミーな味わいがたまらない。
通常より早く収穫される初産卵以前の“処女牡蠣”は天草産のもの。小ぶりだが、濃厚でクリーミーな味わいがたまらない。
豪快な海の幸が盛られた“ズワイガニとイクラぶっかけ出汁巻き”1,050円はリピーターも多い人気メニュー。
豪快な海の幸が盛られた“ズワイガニとイクラぶっかけ出汁巻き”1,050円はリピーターも多い人気メニュー。
「たとえば伊勢海老など、調理する前の食材をお客様のテーブルにお持ちすることもあるんです」と教えてくれた店主の澄田義治さん。「素材を見てから料理を味わっていただくことで、より特別な体験になればと」と話す
「たとえば伊勢海老など、調理する前の食材をお客様のテーブルにお持ちすることもあるんです」と教えてくれた店主の澄田義治さん。「素材を見てから料理を味わっていただくことで、より特別な体験になればと」と話す

Information

和彩旬香 もぐら
住所
熊本市中央区練兵町52-2
電話番号
096-319-3737
営業時間
18:00〜23:00(昼の祝い事・宴会は応相談)
休み
不定
席数
67席
駐車場
なし
備考
個室/9室(2〜48名)
喫煙/1階禁煙、2階可
予約/可

【MENU】
ディナー/豆富と大根の揚げだし620円、あそび豚のコンフィといろいろ木ノ子のサラダ950円、黒毛和牛サーロインのレアカツ2,700円
コース/旬香もぐら会席5,400円、もぐらの名物付会席6,480円、贅沢もぐら会席7,560円(全てのコースに飲み放題付)

関連記事

SNS