1. Home
  2. グルメ
  3. 2軒目『焼き鳥Bar MEAL』(熊本市中央区)

女ひとり酒

2軒目『焼き鳥Bar MEAL』(熊本市中央区)

酒とカープをこよなく愛するタンクマ編集部員・花本が、毎月自由気ままに、カメラ片手に圧倒的主観でひとり酒を楽しむ企画です。

  • 情報掲載日:2019.12.17
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

焼鳥屋なのに魚介メニューが豊富!?
牡蠣はいくらでも食べられます

 好評につき(と勝手に思っている)第2回目も気ままにひとり酒を楽しんできた。今回はシャワー通りにある、ほんのり優しい光を灯す提灯が目印のお店へ。寿司バーの次は焼鳥バー。扉を開けると聞こえてきたのは懐かしい2000年代のJ-POP。私の好みにドンピシャ。それだけで気分が上がる。店内は少し暗めでしっとりと飲める雰囲気。カウンターの隅っこに座って、大のビール党の私が注文するのはもちろんビール。冷たいビールをゴクゴクと、喉がとっても喜んでいる。

 喉も潤ったところで、早速焼鳥を注文。メニューを広げると焼鳥はもちろん、豚や牛、海鮮、野菜まで約30種類の豊富な串が1本132円〜。たくさんあるけど、やっぱりここはオススメの“焼き鳥盛り合わせ”6本968円をいただくことに。内容は日替わりらしく、今回はささみやつくねなど王道メニューが名を連ねる。ほのかに香る炭の香りとテカテカに輝く見た目で、食欲をさらに増進させる。あ〜、焼鳥にはやっぱりビールが合う! ってことで「2杯目もビールください(笑)」。

 少しお腹も落ち着いてきたので改めてメニューに目を向けると、店主一人でやっているとは思えないほどのメニュー数の多さ。サラダや揚げ物、一品料理まで焼鳥以外のメニューも多数。さらに魚のメニューも豊富! 中でも牡蠣は年中提供しているらしく、この日も宮城県産の大きな真牡蠣が。時期によって一番良い産地の牡蠣を入荷するそうで、私の地元・広島の牡蠣にもいつか出合えるはずだ。

 「牡蠣には白ワインが合いますよ」ということで3杯目は白ワインに。大きな生牡蠣はポン酢をかけてレモンを絞って、ひと口で口に運ぶのが定番でしょ? やっぱり牡蠣って何個でもいける。ぺろりと完食してしまった牡蠣の殻の隣に、注がれたばかりのグラスワイン……。一緒に楽しむはずだったのに、牡蠣の魅力には勝てず。残った白ワインは店主の話を肴に堪能。程良く楽しんだところでごちそうさまでした。19時まではハッピーアワーで一部のお酒が200円。次はもっと早い時間に来よう(笑)。


≪ひとり酒DATA≫
●カウンター席数:22席  ●単品:132円~
●おひとり様割合:30%  ●客単価:約3,000円

今月のお気に入り

焼き鳥Bar MEAL(ミイル)
住所
熊本市中央区下通2-7-32 シャワーヴァレービル1F
電話番号
096-354-5688
営業時間
18:00~翌1:00
休み
日曜(翌月曜が祝日の場合は営業、月曜休み)
席数
22席
駐車場
なし
備考
カード利用:不可

関連記事

SNS