1. Home
  2. グルメ
  3. あん肝、白子、牡蠣、アンコウ。プリン体の代名詞が集結した痛風鍋!

あん肝、白子、牡蠣、アンコウ。 プリン体の代名詞が集結した痛風鍋!

  • 情報掲載日:2018.01.31
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

ついに熊本の町に現れた!!
怖いほどに美味い罪なヤツ

嘉悦(かえつ)

“痛風鍋”時価(※2日前までの要予約)。注文は2人前〜。コースは名物の“串焼き”含む全6品付5,000円(2名〜)
“痛風鍋”時価(※2日前までの要予約)。注文は2人前〜。コースは名物の“串焼き”含む全6品付5,000円(2名〜)

 焼肉店や鉄板焼きがひしめく北銀杏通りに位置する『嘉悦』。ここに一度聞いたら忘れられない鍋がある。その名も“痛風鍋”。鍋からこぼれ落ちんばかりにどっかり盛られてきた白子やあん肝、牡蠣、アンコウに至るまで、今の季節ならではのプリン体が集結! 11月に登場した新メニューながら、すでにその味を求めて命知らずな挑戦者たちからの予約が殺到しているとか。「名前のインパクトに隠れていますが、あん肝が溶けだしたスープは本当に絶品ですよ」と、店長の深水さんも太鼓判。シンプルな醤油ベースのスープで煮立て、素材の旨味が溶けだした後の味の変化を楽しもう。〆の雑炊に至るまで、今まで食べてきた鍋とは一線を画す味わいだ。一度耳にしたら忘れられないこの鍋は、食べても忘れられない鍋だった。とはいえ、食べるには勇気がいる……!?

「スポーツ観戦したくて」と、店内には3台のTVが。串とTVと酒、最高のトライアングルだ
「スポーツ観戦したくて」と、店内には3台のTVが。串とTVと酒、最高のトライアングルだ
「みなさんの最高の笑顔を見たくて頑張ってます!!」スタッフ・西村さん
「みなさんの最高の笑顔を見たくて頑張ってます!!」スタッフ・西村さん

Information

嘉悦
住所
熊本市中央区花畑町11-18シャンセ品川ビル2F
電話番号
096-326-4005
営業時間
18:00〜翌3:00
休み
月曜
席数
30席
駐車場
なし

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS