1. Home
  2. グルメ
  3. 頭がキーンとなっても食べ続けるべし!!!! かき氷 3選

頭がキーンとなっても食べ続けるべし!!!! かき氷 3選

色とりどり、形も色々、魅力満載の「かき氷」

  • 情報掲載日:2018.07.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

草花きらめく自然の眺めとお手製シロップの、Wの清涼感が素敵

かき氷 500円~

シロップはすべて自家製!無農薬栽培のいちごや自家製ブルーベリーを使った体に優しい味わいだ。氷の山盛りシルエットに胸キュンしましょ♪
シロップはすべて自家製!無農薬栽培のいちごや自家製ブルーベリーを使った体に優しい味わいだ。氷の山盛りシルエットに胸キュンしましょ♪

 西原村の美しい自然を感じながら、こだわりの手打ち蕎麦と有機素材ふんだんのカフェメニューで楽しめるその名も蕎麦カフェ。夏限定で提供する名物のかき氷。山の上で頬張るほのぼのとした時間に心もとろけてしまいそうだ♪

Information

KAZARU(カザル)
住所
阿蘇郡西原村宮山1642-1
電話番号
096-279-4444
営業時間
11:30~17:00
休み
月・火・日曜
席数
20席
駐車場
20台

南阿蘇の自然の恵みを男前仕様で満喫!

かき氷 600円~

特製の蜜はさとうきびや南阿蘇いちご等6種類。写真は“柑橘駅長”700円に男前仕様+200円。真っ黒!?な“シークレット”(時価)もぜひ!
特製の蜜はさとうきびや南阿蘇いちご等6種類。写真は“柑橘駅長”700円に男前仕様+200円。真っ黒!?な“シークレット”(時価)もぜひ!

 南阿蘇鉄道復活を願い長陽駅駅舎内で週末に営業を続ける『久永屋』。評判のかき氷は、南阿蘇伏流水をゆっくり製氷し、手動式で丁寧にけずった逸品。手作りの特製蜜に加え、アイスと果物をトッピングする“男前仕様”も好評。

Information

久永屋(ひさながや)
住所
阿蘇郡南阿蘇村河陽3440-4長陽駅駅舎内
電話番号
0967-67-1107
営業時間
11:00~18:00
※『夜永屋』お盆期間は夜間営業予定
休み
月~金曜
席数
24席
駐車場
20台

ふんわりなめらかな口どけは夏に降りつもる粉雪の様

スノーアイス 400円~

ふわふわマンゴーのアイスに、マンゴー果肉をのせた“マンゴー+マンゴー”450円。バニラチョコやストロベリーも
ふわふわマンゴーのアイスに、マンゴー果肉をのせた“マンゴー+マンゴー”450円。バニラチョコやストロベリーも

 天草出身の小山薫堂さんプロデュースの「丸いたい焼き」が人気の『まるきん』に、この夏登場したのは、まるで粉雪のような食感がたまらない台湾かき氷風“スノーアイス”。口の中で溶けて広がる柔らかな味わいがたまらない!

Information

まるきん
住所
天草市中央新町11-10
電話番号
0969-22-2727
営業時間
10:00~18:00
休み
水曜
席数
16席
駐車場
あり

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS