1. Home
  2. グルメ
  3. 《阿蘇市/丸福(まるふく)》タレント・英太郎さんのローカル・ソウル・…

《阿蘇市/丸福(まるふく)》タレント・英太郎さんのローカル・ソウル・フード!

  • 情報掲載日:2019.10.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

あの山越えて。あの海越えて。たどり着くのは、ここだけでしか食べられない味。
タンクマはいつだって“ローカルファースト”! 次の休みは、旅の目的地にしたいあの一品を求めて行こう。

『阿蘇 丸福』の“からあげ(骨なし)定食” 800円

王道の1品。飽きのこない美味しさでリピート率が高い
王道の1品。飽きのこない美味しさでリピート率が高い

 雄大な阿蘇の山々を横目に、国道57号をぐんぐん進む。すると突如現れる『丸福』の看板。創業より50年を数える老舗で、本店は、唐揚げの聖地でもある大分・竹田市。現在の3代目が竹田生まれで、高校卒業後、阿蘇のホテルで板場修業を積みながら、料理の腕を磨いた。唐揚げはあっさりとした塩味がベースで、サクサクとした衣を噛みしめると、香ばしさと旨みが口いっぱいに広がる。「わたしは先代の味を守っているだけです」というオーナーは「普段の地元客こそが財産」と語り、その人たちが求める〝気軽さ〟と昔ながらの〝丸福の味〟を、アレンジを極力加えずに受け継いでいるのだとか。「ジュ~ッジュ~」……、店の奥で唐揚げを揚げる様子が見え、食欲を刺激する匂いがふわふわと鼻先まで届く。そんな変わらない光景、変わらない味こそがこのお店の愛される理由。客席と併設してテークアウト専用の窓口もあるので、県を越えて支持される味を試してみたい。

座敷あり。酒も各種用意し、小鉢料理を予算に応じて提供
座敷あり。酒も各種用意し、小鉢料理を予算に応じて提供
「大切にしているのは、先代が築いてきた丸福の美味しさ!」オーナーの後藤さん
「大切にしているのは、先代が築いてきた丸福の美味しさ!」オーナーの後藤さん

「阿蘇方面に行くと必ず立ち寄る店です。昔からずっと変わらない、最高の唐揚げですね。ほかでは真似できない秘伝の美味しさで、同じ味の唐揚げに出合ったことがありません。酒のアテ、ご飯のどちらにも合うんです!」と、英太郎さん。

Profile:『英太郎のかたらんね』(TKU/月~金曜9:50~)、『5ch(ファイブチャンネル)』(KAB/土曜24:35~)、『FMKパンゲア!』(FMK/月曜11:30~)他、多数の番組やイベントに出演。
Profile:『英太郎のかたらんね』(TKU/月~金曜9:50~)、『5ch(ファイブチャンネル)』(KAB/土曜24:35~)、『FMKパンゲア!』(FMK/月曜11:30~)他、多数の番組やイベントに出演。

Information

阿蘇 丸福(まるふく)
住所
阿蘇市一の宮町宮地4377-1
電話番号
0967-22-1130
営業時間
9:00〜オーダーストップ19:00
休み
月曜
席数
52席
駐車場
30台
備考
カード利用:不可

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS