1. Home
  2. ライフ
  3. 鬼師親子が復活させた熊本城の“しゃちほこ”再び

鬼師親子が復活させた 熊本城の“しゃちほこ”再び

熊本市復興だよりVol.13

  • 情報掲載日:2018.08.06
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

熊本市から発行される“復興だより”「Hi.GO!!(ハイゴー)」の最新号が発行されました!

「Hi.GO!!」は、地震からの復興に向かって前進する、熊本市民の姿や取り組みを紹介する元気あふれる情報発信紙。熊本市が毎月発行する「市政だより」に、2ヵ月に1度のペースで折り込みで入っています。

今回の巻頭特集「みんなでつなぐ復興のバトン」リレー走者は、熊本で唯一、厄除けなどの願いを込めた飾りの瓦=鬼瓦(おにがわら)を製作する「藤本鬼瓦」の藤本康祐さん・修悟さん親子です。

私たちの心のより所である熊本城の“しゃちほこ”を再び復活させた立役者のお2人。今も復旧工事が進むなか、足場が外れた大天守に久しぶりに現れたしゃちほこ”を目にしたとき、編集部も胸がジ〜ンと熱くなったのを覚えています。

落下したり損壊したりしたのにも関わらず、亡き先代が手がけた“しゃちほこ”がなぜ復活できたのか? 特殊な製造のコツは? 気になるお話をたくさん伺ってきましたよ!

親子の想いと今後の歩み、そしてこれまでの「Hi.GO!!」は、熊本市のホームページから閲覧できるので、ぜひDLしてみてくださいね!

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS