1. Home
  2. ライフ
  3. 私の挑戦ストーリー 下田さやの場合(ダミー用)

私の挑戦ストーリー 下田さやの場合(ダミー用)

下田さやの場合(ダミー用)

  • 情報掲載日:2019.05.30
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

熊本の元気のために走ります!

キャプション入ります
キャプション入ります

タウン誌営業として忙しい毎日を送る下田さん(26歳)。以前はタンクマ編集部所属で編集部員として記事を書いたり写真を撮ったりしていたが、コミュニケーション能力の高さと数字の強さが買われて営業部へ異動した。
こんな下田さんだが「子どもの頃から恥ずかしがり屋で、当社に入社したときも取材先で声が小さいと言われたり、落ち込んだこともありました」と話す。

キャプション入ります
キャプション入ります

転機になったのはエステの女性オーナーと出会ったとき。「あなたは人を癒す力がある」と言われ、驚いたそう。と同時に、この潜在能力を引き出さなければと思い、様々なセミナーで勉強を重ねるように。営業先でもとにかく元気に明るく挨拶をするように心がけ、セミナー等で学んだ知識を取材先や社内で積極的にフィードバックするようになった。「最初は話がまとまらないし、恥ずかしくてしょうがなかったです」と下田さん。しかし、努力して続けるうちに「下田さんが来ると世間で何が起こっているのかよく分かる」とクライアントさんからの評判がアップ。今では下田さん指名で営業のオーダーがーくることもあるほど。

さらに広告営業の知識を深めるため、月に一度、同業者との親睦会を開催。時には東京からゲストを呼んで、今なにがアツイのか、どんな広告方法が効果をあげているのか、学びを重ねている。

プライベートではゴルフが趣味の下田さん。週末は同僚やクライアントさんとコースを回るのが楽しみ。最近は月に2回ゴルフ教室に通っている。「フォームがきちんとしているとボールの飛距離が格段に伸びるんです。何事にも基本が大切だと実感しています」

「クライアント様の大切なお金をいただいて広告を任されているのですから、自分にできる最大限の努力をしたい。クライアント様のブランディングや繁栄に貢献できた、下田さんにお願いしたら間違いない、と言われることが何よりのやりがいです」と語る。「クライアント様の大切なお金をいただいて広告を任されているのですから、自分にできる最大限の努力をしたい。クライアント様のブランディングや繁栄に貢献できた、下田さんにお願いしたら間違いない、と言われることが何よりのやりがいです」と語る。

有限会社ウルトラハウス
熊本市中央区中央街6-7
TEL/096-354-3822
営業時間/10:00~18:00
社休日/日曜

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS