1. Home
  2. おでかけ
  3. そうだキャンプへ行こう。第一回「大人のグルメキャンプ」 in玉名郡和水町

そうだキャンプへ行こう。第一回「大人のグルメキャンプ」 in玉名郡和水町

♯タンクマ的野外活動研究部

  • 情報掲載日:2019.01.25
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「熊本は、県内どこへ行っても自然がいっぱいで羨ましいです」
県外の人たちがよく口にする言葉。
海、山、川、自然のフィールドに恵まれたこの理想の環境の中でもし外遊びを知らないままだったら人生の半分を損してるかもしれない。
大げさかどうかは、行動すればわかる。
だからキャンプに出かけよう。
大自然の中で食べるおにぎりがなによりおいしいことや、焚き火を囲んで語らう時間がどんなに楽しいことか。

今月キャンプした皆さん
ハルラボの相藤さん、吹きガラス作家 の島田さん、南阿蘇珈琲の田中さん、 陶芸家の星野さん、カメラマンの木野 さんと内田さん、中山さん、本誌編集 長小崎ほか。※一緒に焚き火を囲み たい方も参加できるようなイベントが できるといいですね♪
ハルラボの相藤さん、吹きガラス作家 の島田さん、南阿蘇珈琲の田中さん、 陶芸家の星野さん、カメラマンの木野 さんと内田さん、中山さん、本誌編集 長小崎ほか。※一緒に焚き火を囲み たい方も参加できるようなイベントが できるといいですね♪

「焚き火を囲んで、うまい酒と料理が食べたい」
きっかけはそれだけだった。

 世の中の「アウトドアスポーツ」や「健康」ブームにのっかって始まったかのようなタイミングで新コーナースタート。きっかけは、常日頃「おいしいものを食べたり作ったりするのが生きがい」と言い張る大人たちが、「焚き火しながら薫製とかおいしいもの作りたい」と発言したこと。それだけ。メンバーは洋食、和食、パティシエ、珈琲焙煎…と大半がプロの料理人で、残りのメンバーもそれぞれプロ並みの腕をもつ者ばかり。そのうち、楽しそうだからとアウトドアライフを始めたくなって焚き火に集まってきたり、笑顔になりたい人たちが一人、二人と増えれば楽しいし、大自然に囲まれた九州の真ん中で大きなアウトドアイベントだって出来る日がくるかもしれない。が、まだ誰もそんなこと口にしない。なにしろ今は、ただただ焚き火を囲んでおいしいものを食べたいだけで頭の中がいっぱいだから。

お外でいただく 本格ローストビーフが たまらない!
お外でいただく 本格ローストビーフが たまらない!
見てるだけで 生唾もの
見てるだけで 生唾もの
現場でスモークした ソーセージ
現場でスモークした ソーセージ
酒やワインに合う 牡蠣のオリーブ漬け
酒やワインに合う 牡蠣のオリーブ漬け
色とりどりの野菜を たっぷりのせた調理 中のパエリア
色とりどりの野菜を たっぷりのせた調理 中のパエリア
クリームブリュレって焚き火料理なのかは 置いといて最高においしかった
クリームブリュレって焚き火料理なのかは 置いといて最高においしかった

 熊本は、キャンプ場や温泉施設が県内各所に点在していて素晴らしい。チェックすべきは、そこで焚き火ができるかどうか(可能な場合でも、直火禁止で焚火台使用の条件があるケースも多いので事前の確認は必須)。

ポケットから出した バーナーで表面を焦がす Kシェフの早業
ポケットから出した バーナーで表面を焦がす Kシェフの早業
これもキャンプ料理なのか? 創作和食店のMさんによる 海鮮ちらし寿司の差し入れ
これもキャンプ料理なのか? 創作和食店のMさんによる 海鮮ちらし寿司の差し入れ
モーニングは、焚き火の となりでパンを焼いた
モーニングは、焚き火の となりでパンを焼いた

野外料理って奥深い!
予想を超える豪華な料理が大人キャンプの醍醐味

 第一回は、和水町の『和水江田川カヌー・キャンプ場』。早い組はお昼から現地で準備に入り、次の組は夕方個別に到着。一番遅い組が飲食店のオーナーたちで閉店後深夜近くに会場入り。そんなわけだから私たちのテントサイトでの料理は、明るい時間帯から深夜遅くまで続いた。パエリア、ローストビーフ、猪鍋、ベーコンの薫製、牡蠣のオリーブオイル漬け、チーズの炙り、タンドリーチキン、きのこのインドカレー、炒飯……と、食べていると誰かが立ちあがり次の料理を作っている。まるでエンドレスの料理マラソン。深夜に到着した和食店の主人のちらし寿司に一同感動。焚き火の横で始まった人気パティシエによるクリームブリュレに全員が野生の動物のような雄たけびをあげたのだった。

翌朝、自家製ベーコンや スパイスカレーを一緒に 炒めた炒飯が完成
翌朝、自家製ベーコンや スパイスカレーを一緒に 炒めた炒飯が完成
大きな寸胴の中で煮込んでいるのは 山都町の猟師さんから仕入れた猪の鍋
大きな寸胴の中で煮込んでいるのは 山都町の猟師さんから仕入れた猪の鍋
これぞ、本物の “はがま”の御飯
これぞ、本物の “はがま”の御飯
午前零時の スパイスカレー 深夜に到着した後発隊のオーダーで、午前 零時からスパイスカレーを作り始める
午前零時の スパイスカレー 深夜に到着した後発隊のオーダーで、午前 零時からスパイスカレーを作り始める
猪鍋をのぞきこむ大人たち。 プロの料理人の目だ
猪鍋をのぞきこむ大人たち。 プロの料理人の目だ
黙々と自分の食べたい 料理を作る人たち
黙々と自分の食べたい 料理を作る人たち
夜も朝もプロの珈琲焙煎職人の淹れる 最高のコーヒーをいただいた
夜も朝もプロの珈琲焙煎職人の淹れる 最高のコーヒーをいただいた
きれいな三日月♪ 月明かりがやさしく照らす夜
きれいな三日月♪ 月明かりがやさしく照らす夜
タイ料理のソムタム ほか、テーブルの上に 並び始めた料理
タイ料理のソムタム ほか、テーブルの上に 並び始めた料理
焚き火のそばには 酒のあてが尽きない
焚き火のそばには 酒のあてが尽きない

焚き火のまわりは、大人が童心に帰る場所

みんな素敵な笑顔になれる時間
みんな素敵な笑顔になれる時間
カマンベールをマシュマロのように 焼いて口にほおばった
カマンベールをマシュマロのように 焼いて口にほおばった
ワイングラスがあれば さらに気分も盛り上がる
ワイングラスがあれば さらに気分も盛り上がる
ゆらゆら揺れる炎は ずっと見てても飽きな い。焚き火って不思議
ゆらゆら揺れる炎は ずっと見てても飽きな い。焚き火って不思議
タイ直送のグリーンパパイヤで ソムタムを調理中の島田さん
タイ直送のグリーンパパイヤで ソムタムを調理中の島田さん
キャンプにはいい大人が 笑顔になれる秘密がある
キャンプにはいい大人が 笑顔になれる秘密がある

今月のキャンプ場は『和水江田川カヌー・キャンプ場』

 『肥後民家村』のそば。キャンプ場に隣接して、野菜や肉、加工品など食材が買える物産館や温泉センターあり。予約しておけばテントやタープ、焚火台もレンタルでき、薪の販売も。車の駐車はテントサイトに近い道路は有料、少し離れた駐車場は無料。
問合せ/Tel.0968-82-8414

『HARU lab.』代表 相藤春陽の簡単アウトドアクッキング

【ローストビーフの作り方】

①牛肉ロース塊500gに、にんにく、ローズマリー、タイム、ローリエ、ブラックペッパー、ナツメグ、塩、をまぶして一晩冷蔵庫に寝せて置く。
 ※3日ほど寝せておくと更によし。
②スキレットの表面を炙っておく。①をアルミホイルに包んで、遠火でキレットの上でゆっくりゆっくり火を入れていく。
③30分ほど熱を入れたら出来上がり。

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS