1. Home
  2. おでかけ
  3. そうだキャンプへ行こう。第三回「河原でキャンプ」 in上益城郡甲佐町

そうだキャンプへ行こう。

そうだキャンプへ行こう。第三回「河原でキャンプ」 in上益城郡甲佐町

♯タンクマ的野外活動研究部

  • 情報掲載日:2019.03.24
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

甲佐町の乙女河原は、嘉島の『イオンモール熊本』から車で5分。夏は家族連れにも大人気のキャンプ&バーベキュースポットだ。

焚き火は大勢で囲めるサイズがいい
焚き火は大勢で囲めるサイズがいい

キャンプしてる人もこれから始めたい人も集合!

 月1ペースで始まったキャンプも、あっという間に3回目。そろそろ読者さんたちと一緒に焚き火を囲んだり、暖かくなったらアウトドアを始めたいと思っている人たちとも今後交流ができたらと考えています。まだ何も道具がない人も多いと思いますが、テントも装備もファッションも最初から有名メーカーで揃える必要なし。思い思いのアウトドアスタイルの方が楽しいし、車中泊という手もあります。テントやイス、寝袋など、無理をして一度に道具を揃えなくて良し。新品のようにきれいな状態のユーズドもネットやショップで格安で手に入る時代。まずは経験者のテントにおじゃまして体験したうえで、自分のスタイルに合ったものを手に入れるのがおすすめ。というわけで、まずはキャンプを始めるときに何が必要なのか。「タンクマ的野外活動研究部」が考えてみました。

酒が進むしかない“鮎の薫製”
酒が進むしかない“鮎の薫製”
キャンプで食べる“すき焼き”のうまいこと
キャンプで食べる“すき焼き”のうまいこと
鯛の昆布シメは島田真平さん作
鯛の昆布シメは島田真平さん作

キャンプする時に必要なもの

※人数や車、電車、歩きなどの移動手段によっても装備が変わりますので、あくまで参考までに

テント(人数と用途に合わせて選ぶ)/ロープとペグ(テントやタープの固定用)/マット/シュラフ(寝袋)/食器(カップ、コッフェル、スプーン、箸など)/調理道具(フライパン、鍋、包丁、まな板など)、ストーブ関係(カセットコンロ、バーナーなど)/照明(懐中電灯、ヘッドライト、ランプ)/折り畳みイス、テーブルなど

冬の朝は熱いコーヒーが格別に美味い
冬の朝は熱いコーヒーが格別に美味い
冷え切った朝、南阿蘇珈琲の田中さんのコーヒーで生き返る
冷え切った朝、南阿蘇珈琲の田中さんのコーヒーで生き返る
霜がおりた河原の植物
霜がおりた河原の植物
焼きながら食べながら焚き火で暖まる
焼きながら食べながら焚き火で暖まる
アラジンの石油ストーブを入れた大きいテントを休憩室に
アラジンの石油ストーブを入れた大きいテントを休憩室に
いつの間にか雲の切れ間は広がっていた
いつの間にか雲の切れ間は広がっていた
今回テントで一泊した人たち

関連記事

SNS