1. Home
  2. おでかけ
  3. 《初夏のおでかけ特集》気になるニュースポットへ行ってみよう!

《初夏のおでかけ特集》気になるニュースポットへ行ってみよう!

  • 情報掲載日:2019.05.05
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

おでかけの達人たちが教えてくれた、気になるニュースポットをセレクト。レストラン、カフェ、本屋……etc.目的地にしておでかけしよう!

笑顔とご縁を“むすぶ” おにぎり専門店が誕生

むすび屋 えん

おにぎりは日替わりで常時12種類ほど。左から“糸こん梅ちりめん”170円、 “鮭むすび”160円、“桜えびと塩昆布”170円。“ジャスミンティー”は120円
おにぎりは日替わりで常時12種類ほど。左から“糸こん梅ちりめん”170円、 “鮭むすび”160円、“桜えびと塩昆布”170円。“ジャスミンティー”は120円

 「こだわり尽くしのおにぎり専門店」と聞くだけで、ちょっと行ってみたくなる。お店が『むすび屋えん』だ。「〝おむすび〟を通していいご縁(塩)を結びような存在でありたい」とは店主の内賀嶋さん。熊本地震の際に阿蘇で働いていた内賀嶋さんは、おにぎりの炊き出しを行っており、そのときの人々のホッとした顔が忘れられず、ついには専門店を構えることとなったから、なんだかすごい! 5年連続特A受賞の菊池米を使うほか、塩、のりに至るまで、厳選した素材を使い、ここでしか食べることのできないおにぎりを販売している。大切な思いを込めたおにぎりは、人の心と笑顔を〝結ぶ〟究極のアイテムかもしれない。

大津町の旧57号線沿いに位置する。おにぎりのほか、予約制のお弁当(500円)やおかずも販売
大津町の旧57号線沿いに位置する。おにぎりのほか、予約制のお弁当(500円)やおかずも販売
一番人気の“塩(えん)むすび”130円。塩水を吹きかけることで、独特の塩加減を作っている
一番人気の“塩(えん)むすび”130円。塩水を吹きかけることで、独特の塩加減を作っている



Information

むすび屋 えん
住所
菊池郡大津町大津1230
電話番号
080-8563-6650
営業時間
10:30〜なくなり次第終了
休み
月曜(祝日の場合は翌日)、他不定
駐車場
1台

ふらっとゆるっとのんびりと
心と体もほっと一息

南阿蘇vegan cafe 泉

“お茶セット”500円。セット内容は日によって異なり、この日は漬物とご飯、おかき付き
“お茶セット”500円。セット内容は日によって異なり、この日は漬物とご飯、おかき付き

 オーガニックコーヒーや玄米茶などのお茶と軽食が楽しめる、環境を意識したヴィーガン対応のカフェ。ドリンクは一律300円、セットは500円とリーズナブルで、セットは日によって炊き込みご飯やパンなどの軽食や和風おやつなどが揃う。またお店の利益の一部は地域猫のTNR(避妊手術後元の場所に)活動にも充てられているそう。

『道の駅 あそ望の郷くぎの』内にあるカフェ。道の駅で購入した食べ物の持ち込みが可能
『道の駅 あそ望の郷くぎの』内にあるカフェ。道の駅で購入した食べ物の持ち込みが可能
「初夏の阿蘇の心地よい空気を感じながら、のんびりお茶を飲んで安らいでください」とスタッフのチエさん
「初夏の阿蘇の心地よい空気を感じながら、のんびりお茶を飲んで安らいでください」とスタッフのチエさん



Information

南阿蘇vegan cafe 泉(せん)
住所
阿蘇郡南阿蘇村久石2807「あそ望の郷くぎの」内
電話番号
0967-67-3207
営業時間
10:00〜15:00
休み
水・木曜
席数
24席
駐車場
「あそ望の郷くぎの」駐車場利用

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS