1. Home
  2. おでかけ
  3. Stamp01『出水神社』(熊本市)

御朱印めぐり

Stamp01『出水神社』(熊本市)

  • 情報掲載日:2019.11.21
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

旅行や行楽に欠かせない観光地として、また身近なパワースポットとして多くの人が訪れる寺社。私たちが暮らす九州にも、霊験あらたかな有名どころや、驚きの歴史を持つ社殿など、個性豊かな場所が多数! 本コーナーでは、ますます注目度が高まっている御朱印とともに、気になる寺社をご紹介。知られざる物語を紐解いてみよう。

水前寺成趣園が丸ごと境内!
豊かな水と復興のシンボル

 今回ご紹介するのは、水の都・熊本の象徴的な存在。『水前寺成趣園』の敷地内に建つ『出水神社』だ。明治11(1878)年、西南戦争によって焼け野ヶ原になってしまった熊本。そこで立ち上がったのが細川藩の旧藩士たちだった。藩主の御霊を祀ることにより、平和と街の発展を祈念して創建されたという出水神社は、いわば復興のシンボル。旧藩士たちの熱意に感銘を受けた当主は、水前寺成趣園の土地を神社へと譲渡し、庭園全体を境内とする全国でも珍しい形態の神社が誕生したのだとか。優美な回遊庭園には阿蘇の伏流水が豊かに湧き、四季折々の草花や生き物の姿を見ることもできる。参拝の際には、ぜひ園内をのんびり散策してみて。

 そんな出水神社では、今夏に新たな御朱印帳がデビュー。二代忠興公の奥方で、祭神の一柱としても祀られている細川ガラシャをモチーフとした御朱印帳には、美しくも苛烈で儚いガラシャの人生を描いた「ガラシャ婦人像(大正12(1923)年、橋本明治作)」が掲載されている。2020年度のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」は、ガラシャの父である明智光秀公が主人公ということもあって、全国の歴史ファンの間で早くも話題になっているとか。
 現在の社殿は、第二次世界大戦によって消失し、昭和47(1972)年に再建。そして今、熊本地震で倒壊した鳥居の再建プロジェクトも始まっているそう。「まだまだ道のりは遠いですが、阿蘇の南郷檜を使った鳥居が復活する予定です」と権禰宜の鯵坂さん。大地のエネルギーと御加護を得て、ますますパワーアップする出水神社のこれからに、乞うご期待!

 参拝後は、参道にある『お菓子のおくやま』に寄り道。先祖代々受け継いできた銘菓“水前寺もち”120円は、添加物不使用。ほっくりと炊き上げた北海道産の粒あんが美味。

Stamp01

水前寺成趣園 出水神社
住所
熊本市中央区水前寺公園8-1
電話番号
096-383-0074
営業時間
開園 8:30〜17:00(3〜10月は7:30〜18:00)
※最終入園は閉園の30分前まで
料金
大人 400円、6〜15歳 200円
駐車場
有料駐車場あり
リンク
水前寺成趣園HP

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS