1. Home
  2. おでかけ
  3. 人吉で湯さんぽ

人吉で湯さんぽ

ノスタルジックな城下町をぶらり

  • 情報掲載日:2018.01.06
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

手軽に気軽にのんびりさんぽ

おいしいものや見所が満点の人吉。
気軽に立ち寄れるおすすめスポットをリストアップしてみました。
ぶらりとお散歩に出かけてみよう!

*おすすめコース
お昼ご飯
『丸一蕎麦屋』 親子そば650円
   ↓
おやつ①
『太平樂食堂』 豚まん95円
   ↓
酒蔵見学&お土産①
『渕田酒造場』 買ったしこ♪
   ↓
温泉
『新温泉』 入浴料 大人300円、小学生120円、幼児60円
   ↓
ギャラリー見学&お土産②
『町屋ギャラリー立山』 買ったしこ♪
   ↓
おやつ②
『さんぽカフェ』 土鍋で炊いた小豆と玄米のぜんざい900円
   ↓
焼酎の味見
『一期屋』 味わい飲み比べ400円

地元で代々愛されるそば処で
ほっこり和ランチ

1.丸一蕎麦屋

優しい味わいのつゆと、ふんわり玉子がたまらない
優しい味わいのつゆと、ふんわり玉子がたまらない

親しみやすい味で愛される、創業明治31年のそば処。2013年にリニューアルした店内は、木を贅沢に使ったバリアフリー空間に。飛騨や長野の工房で手作りされたイスやソファを採用し、和の粋はそのままに、モダンな雰囲気が加わった。人気の“親子そば”650円や“ざるそば”600円など専門店らしいメニューのほか、球磨焼酎や地酒も揃い、思わず昼間から一杯やりたくなりそう。

そば本来のコシを楽しめる“ざるそば”もぜひ
そば本来のコシを楽しめる“ざるそば”もぜひ
カウンターにテーブル、8名まで無料で貸切OKな個室も
カウンターにテーブル、8名まで無料で貸切OKな個室も

Information

丸一蕎麦屋
住所
人吉市二日町7
電話番号
0966-22-3078
営業時間
10:30~17:00(オーダーストップ16:30)
休み
水曜(祝日の場合は翌日)
席数
45席
駐車場
15台

商店街で味わう
老舗食堂のあつあつ豚マン

2.大平樂食堂

「ふるさとの味」として帰省の度に訪れる人もいる、昭和の風情溢れる豚まん&シューマイが自慢の食堂。半世紀以上も変わらぬ味は、新鮮な豚ひき肉とタマネギを贅沢に使い、数個はペロリといける美味しさ。精肉店が営む店らしく、カツ丼やチキンステーキ、ホルモン、焼肉などボリュームのある肉料理の定食が揃う。テイクアウト・地方発送も可。売り切れ次第終了なのでお早めに。

自慢の豚まんは95円。小ぶりのラーメン500円と共に味わう客も
自慢の豚まんは95円。小ぶりのラーメン500円と共に味わう客も

Information

大平樂食堂
住所
人吉市紺屋町123
電話番号
0966-22-4347
営業時間
10:00頃~売り切れ次第終了(食堂は11:00~17:00)
休み
不定
駐車場
2台

老舗蔵元の新たな挑戦
モダンな球磨焼酎の世界へ

3.渕田酒造場

明治11年の創業以来、球磨焼酎づくり一筋の老舗蔵元。現代の名工が確立した味を守りつつ、5~10年モノの古酒、地元産の紫芋を使った華やかな味わいの焼酎にも挑戦している。酒造見学は予約不要でひとりからOK! 麹づくりから仕込み、貯蔵まで昔ながらの製法を楽しく学ぶことができる。おしゃれなカウンターバーでテイスティングもできるとあって、旅の思い出づくりに最適な一軒だ。

重厚感のあるカウンターバーで焼酎をティスティング
重厚感のあるカウンターバーで焼酎をティスティング
意欲作がズラリと並ぶ。モダンなデザインも◎
意欲作がズラリと並ぶ。モダンなデザインも◎
思い立ったらすぐに参加できる酒蔵見学も好評
思い立ったらすぐに参加できる酒蔵見学も好評

Information

渕田酒造場
住所
人吉市紺屋町22
電話番号
0966-23-3055
営業時間
10:00~12:00/13:00~16:00
休み
第2・4土・日曜
駐車場
2台

昭和レトロな空間で美人湯にとっぷり

4.新温泉

昭和6年創業の公衆浴場は、建物も浴槽も当時のまま。番台やホーロー製の手描き看板、貫単位の体重計など、昔懐かしい雰囲気に溢れ、さながらタイムスリップ気分が味わえる。源泉かけ流しの湯は肌に優しく滑らかで、まとわりつくような触感。美人湯としても名高い泉質の湯は、湯上りにはツルツルとした肌になると評判で、疲労回復にも効果あり。家族や友達と昭和レトロな雰囲気に浸ってみて。

昔ながらの料金表やマッサージ機など、あちこちに昭和を感じる
昔ながらの料金表やマッサージ機など、あちこちに昭和を感じる

Information

新温泉
住所
人吉市紺屋町80
電話番号
0966-22-2020
営業時間
13:00~22:00
休み
第1月曜
駐車場
4台
備考
●温泉DATA
大浴場/内湯
入湯料金▷【大浴場】300円(小学生120円、幼児60円)
入湯時間▷【大浴場】13:00~22:00
泉質▷弱アルカリ性単純温泉
効能▷神経痛・胃腸病・貧血など
備品▷シャンプー○(40円)、ボディソープ・せっけん○(30円)、タオル○(150円)、ドライヤー×
その他▷食事処×、エステ×、マッサージ×、湯上りスイーツ×

茶房が営む大人の隠れ家
純日本家屋の町屋カフェ

5.町屋ギャラリー立山

夏季はかき氷に変更される“立山の番茶プリン”500円
夏季はかき氷に変更される“立山の番茶プリン”500円

築60年以上の町屋で、老舗の茶舗『立山商店』が展開するギャラリーカフェ。銘木で栄えた人吉球磨ならではの梁や欄間、在りし日の面影を残す佇まいは見応え充分。お膳で運ばれる自家製の甘味を味わいながら、見事な庭園や所蔵品を愛でてホッと一息…。そんな大人の楽しみ方が似合う空間だ。ギャラリーでは可愛い和小物や茶器も販売しているので、自分へのお土産にお気に入りの逸品を選ぼう。

貴重な赤松を用いた廊下で日向ぼっこを楽しみたい
貴重な赤松を用いた廊下で日向ぼっこを楽しみたい
喫茶で使われている急須や器も購入可能なギャラリー
喫茶で使われている急須や器も購入可能なギャラリー

Information

町屋ギャラリー立山
住所
人吉市中青井町311
電話番号
0966-24-0866
営業時間
10:00~17:00
休み
木曜(祝日の場合は営業)
席数
30席
駐車場
7台

心と体に優しいスイーツでほっとひと息

6.さんぽカフェ

人吉大橋のたもとにあるカフェ。「食べる事と暮らしと人」を大事にしたいという想いで作られる料理は、マクロビオティックベースで全て手作りというこだわり。目の前を流れる球磨川をのぞむ空間で、人吉愛がギュッと詰まったランチが味わえる。季節ごとのスイーツやカフェメニューも豊富で、訪れる楽しみにも。窓の外に見える人吉の街並みを眺めながらゆっくりと味わいたい。

土鍋で炊いた小豆と玄米のぜんざい(ドリンク付き)900円 マクロビオティックの観点から作ったという、体に優しく心を和ませる和スイーツ。てんさい糖とハチミツの優しい甘さにほっとひと息
土鍋で炊いた小豆と玄米のぜんざい(ドリンク付き)900円 マクロビオティックの観点から作ったという、体に優しく心を和ませる和スイーツ。てんさい糖とハチミツの優しい甘さにほっとひと息

Information

さんぽカフェ
住所
人吉市新町20-1
電話番号
0966-35-7377
営業時間
11:30~16:00/18:00~22:00
休み
木曜
席数
18席
駐車場
2台

清流・球磨川が育んだ
焼酎をおみやげに

7.一期屋

焼酎は味わいごとにコーナーを分けている。気軽にスタッフに相談してみよう
焼酎は味わいごとにコーナーを分けている。気軽にスタッフに相談してみよう

創業明治30年、老舗の球磨焼酎専門店。150種類以上の球磨焼酎が揃い、好みを伝えればスタッフがおすすめの焼酎を選んでくれる。利き酒は150円~、月替わりの焼酎3種類を飲み比べができる“味わい飲み比べ”や、和紙のラベルにメッセージを書いてマイボトルを作ることもできる(焼酎代+500円)。おみやげにも、旅の思い出にも、立ち寄るのにおすすめのスポットだ。

味わい飲み比べ 400円 ハンドルキーパーは我慢してね!
味わい飲み比べ 400円 ハンドルキーパーは我慢してね!

Information

一期屋
住所
人吉市新町15
電話番号
0966-22-2374
営業時間
9:00~18:00
休み
不定
駐車場
5台

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS