1. Home
  2. おでかけ
  3. 「﨑津のおとなり」上天草で、歴史にふれる旅をしよう

「﨑津のおとなり」上天草で、歴史にふれる旅をしよう

  • 情報掲載日:2018.08.23
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「﨑津集落」が世界文化遺産に登録され、世界中からの注目が集まる天草諸島。天草地方の玄関口・上天草市は、観光のスタートとしておすすめのスポット。「﨑津集落」までの休憩スポットとして立ち寄ってみて♪

 熊本市内から車で約1時間、ちょっとドライブするのにぴったりな上天草。『天城橋』の開通に伴い、さらにアクセスが良くなったのも注目されているポイントだ。今回は、世界文化遺産に登録された「﨑津集落」までは熊本市内から約2時間半と、長い道のりの休憩に立ち寄りたいスポットを紹介。まずは、2018年4月にリニューアルした『天草四郎ミュージアム』へ。天草の歴史を語る上で欠かせないヒーロー・天草四郎のことを学ぶのはもちろん、「﨑津集落」をはじめとした「潜伏キリシタン」にまつわる資料も多く展示され、禁教下のキリシタンたちが進行を維持するために工夫し育まれた「天草独自の信仰」の様子を知ることができる。約460年前に遡り、キリシタン文化のことを学んだら、せっかくだから天草四郎ゆかりの地を散策。ミュージアムでも聞いた湯島など、16年という短い人生の中で懸命に生きた四郎に思いを馳せよう。

天草四郎ミュージアム

天草を語る上で欠かせない潜伏キリシタンの文化や、天草の歴史的ヒーロー・天草四郎のことを学べるミュージアム
天草を語る上で欠かせない潜伏キリシタンの文化や、天草の歴史的ヒーロー・天草四郎のことを学べるミュージアム
無料で館内案内もしてくれる(1コース50分)。質問に答えてくれたり、丁寧なアテンドが嬉しい。不定期で展示も変わるので、要チェック!
無料で館内案内もしてくれる(1コース50分)。質問に答えてくれたり、丁寧なアテンドが嬉しい。不定期で展示も変わるので、要チェック!

260年も続いた禁教の時代。
どうやって信仰していたかが分かる!

貝を神事具として使ったのも、漁師町ならでは!
貝を神事具として使ったのも、漁師町ならでは!
柱にマリア像を隠した「隠し柱」や、仏陀像の背中にマリア観音を隠して信仰したり……、様々な工夫が
柱にマリア像を隠した「隠し柱」や、仏陀像の背中にマリア観音を隠して信仰したり……、様々な工夫が

460年前にタイムスリップ!
教科書で見たことある!がいっぱい

キリシタン文化の日本上陸から、活版印刷機を持ち帰った「天正遣欧少年使節」など、学校で習ったことが目の前にいっぱい!
キリシタン文化の日本上陸から、活版印刷機を持ち帰った「天正遣欧少年使節」など、学校で習ったことが目の前にいっぱい!
イケメンすぎる信長&ザビエルにも注目
イケメンすぎる信長&ザビエルにも注目

「島原・天草一揆」の総大将
若干16歳の天草四郎の謎

禁教の時代にママコス神父が天草四郎の出現を予言。人々に希望を与え、一揆では総大将として活躍。原城で命を落とす……
禁教の時代にママコス神父が天草四郎の出現を予言。人々に希望を与え、一揆では総大将として活躍。原城で命を落とす……

神秘なる海に向かって
愛の鐘を鳴らそう♪

リニューアルを機に移設された「愛の鐘」。「プロポーズされた」など願いが叶ったという人も。愛する人を想いながら鐘をついてみよう
リニューアルを機に移設された「愛の鐘」。「プロポーズされた」など願いが叶ったという人も。愛する人を想いながら鐘をついてみよう



Information

天草四郎ミュージアム
住所
上天草市大矢野町中977-1
電話番号
0964-56-5311
営業時間
9:00〜17:00(入館は〜16:20)
休み
年末年始、1・6月の第2水曜
駐車場
60台

「天草四郎 ゆかりの場所」を巡りたい!

 四郎生誕の地・上天草市には、いくつものゆかりの地が点在。絶景スポットもあるので、ぜひ周ってみよう。

四郎が産湯を使ったと言われている島

維和島

 諸説ある中で生まれ故郷と言われている維和島。島内には「四郎が通ったかもしれない道」と題した案内板もあり、九州オルレのコースも設定。人面岩など、インスタ映えスポットも。



Information

維和島
住所
上天草市大矢野町維和下山
問い合わせ先
上天草市観光おもてなし課
問い合わせ先
電話番号
0964-26-5512

「島原・天草一揆」の時に談合が行われた、別名・談合島!

湯島

 戦いの決起や作戦を話し合ったことから「談合島」と呼ばれる。現在はネコの島として知られ、定期船でのみ訪れることができる小さな島。海水浴をしたり、鮮魚料理を食べたり、時間を忘れて過ごしたい。



Information

湯島
住所
上天草市大矢野町湯島
問い合わせ先
上天草市観光おもてなし課
問い合わせ先
電話番号
0964-26-5512
備考
定期船料金 片道600円(小学生以下300円)※詳細はHP「湯島 フェリー」で検索

四郎が出陣の祝宴を張ったと言われる山

千巖山

 天草の島々が望め、夕日が美しい展望スポット。かつては「島原・天草一揆」の出陣の際、四郎が杓子で酒を酌み交わしたことから、平成8年ごろまで「手杓子山」と呼ばれていた。



Information

千巖山
住所
上天草市松島町合津
問い合わせ先
上天草市観光おもてなし課
問い合わせ先
電話番号
0964-26-5512

その他お立ち寄りスポット

温泉も特産品も豊富な上天草。ドライブ帰りの疲れを癒して。

美人湯&湯上りポカポカ♪

ホテル松竜園 海星

 湯島へ向かう四郎も、きっと通った有明海を眺めながら湯浴みができる。「ナトリウム炭酸水素塩泉」はクレンジング効果が期待できるので、「美人の湯」とも呼ばれる良泉。



Information

ホテル松竜園 海星
住所
上天草市大矢野町上6494
電話番号
0964-56-0348
営業時間
立寄湯10:00〜21:00
休み
なし
駐車場
50台

ハーブティーの飲み比べが無料!

天草モリンガファーム Ten Herb 天草

 「奇跡の木」と呼ばれ、海外からも注目されているスーパーフード“モリンガ”とハーブの専門店。ダイエット、リラックス、エイジングケアに効果的と言われ、お茶やサプリなどを販売。



Information

天草モリンガファーム Ten Herb 天草
住所
上天草市大矢野町中4434-2
電話番号
0964-59-5200
営業時間
9:00〜18:00
休み
日曜、祝日
駐車場
30台

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS