1. Home
  2. おでかけ
  3. 《人吉市大野町/Loop》気になるニュースポットへ行ってみる!

《人吉市大野町/Loop》気になるニュースポットへ行ってみる!

お出かけの達人たちが惜しげもなく教えてくれたニュースポットをご紹介

  • 情報掲載日:2019.05.04
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「ここを目的地に、人吉方面へドライブしたいです」

おでかけの達人
ガラス作家・島田真平さん

『島田美術館』が実家ということもあり、幼少期より「モノづくり」に触れる。キャンプなどのアウトドア活動も積極的に行う。
『島田美術館』が実家ということもあり、幼少期より「モノづくり」に触れる。キャンプなどのアウトドア活動も積極的に行う。

大畑駅に併設する
旅情を誘うフレンチ店へ

 人吉と霧島を結ぶ肥薩線の大畑(おこば)駅は日本で唯一、ループ線の中にスイッチバックを併せ持つ駅として知られる。明治の開業当時は蒸気機関車のための信号所や給水所としての役割を主に担う駅だったそうで、豊かな自然の中にポツンと木造の無人の駅舎や給水塔が当時そのままの形で残る。
 そんな風情たっぷりのロケーションにある旧保線詰所を改装してオープンしたのがレストラン『Loop』だ。シェフはフランスや銀座で修業し、人吉の人気店を経営していたフレンチの達人。彼の料理を目当てに遠方より訪れる人も多く、休日ともなるとお客さんでいっぱいになる。1日に上下3本ずつしか電車が来ない駅にも関わらず、わざわざ電車に揺られて足を運んで来る人もいるとか。
 提供するのは〝囲炉裏フレンチ〟と名付けるコース料理。人吉球磨の美味しい食材を使い、炭火でじっくり焼いた料理を提供している。「人吉にはこだわった生産者が多く、良い素材の宝庫。お腹が喜ぶような、優しい調理を心がけている」とシェフ。訪れる人は誰もがそのノスタルジックな情景と丁寧な料理に心揺さぶられるはず。

“和王”と“球磨の黒豚”がメーンの2,500円コース。3種のオードブルと”野菜パフェ”はコース共通
線路を眺められる店内。オープンキッチンを囲むようにカウンター席が設けられている
線路を眺められる店内。オープンキッチンを囲むようにカウンター席が設けられている
カフェタイムにオーダー出来る“いちごの給水塔パフェ&水源地珈琲セット”1,500円
カフェタイムにオーダー出来る“いちごの給水塔パフェ&水源地珈琲セット”1,500円
「肉はフライパンより炭火で焼き上げる方が旨い」とはシェフの中務さん
「肉はフライパンより炭火で焼き上げる方が旨い」とはシェフの中務さん

2018年9月オープン

囲炉裏キュイジーヌ Loop
住所
人吉市大野町4301大畑駅構内
電話番号
0966-23-1003
営業時間
11:30~17:00(ランチオーダーストップ14:00、カフェタイムは14:00〜17:00)
休み
水曜
席数
21席
駐車場
12台
備考
【カード利用】可

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS