1. Home
  2. おでかけ
  3. 世界文化遺産を目指して、港町をホッピング【﨑津集落】

世界文化遺産を目指して、港町をホッピング【﨑津集落】

  • 情報掲載日:2018.10.05
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

禁教期において、キリスト教、仏教、神道が共存、漁村特有の信仰形態を育んだ「﨑津集落」。
教会と漁村が織り成す穏やかな風景を目指しながら、道中、天草市内の商店街界隈へよりみち。
まちの人々にふれ、地元の雰囲気を堪能すれば、﨑津の歴史がより深く感じられるかも。

漁村にたたずむ﨑津教会が印象的。
漁村にたたずむ﨑津教会が印象的。

 他の地域と比べ、どこか独自のカラーを感じる天草エリア。約120の島々が浮かぶ天草諸島は、250年以上におよぶ禁教の歴史のなかで信仰を育んだ潜伏キリシタンゆかりの地。河浦町の「﨑津集落」は今年の7月に世界文化遺産に登録された注目スポットで、秋のドライブにもピッタリ。
 途中で昔ながらの商店が集まる「銀天街」界隈によりみち。観光客向けのお土産屋から、地元の若者が訪れるカフェやアパレルショップ。フィルム映画も上映している老舗映画館。さまざまな店が軒を連ねる街並みは、歩くだけでもワクワクが止まらない。
 地元の人と話が弾んだあとは、いよいよ「﨑津集落」へ。穏やかな時間が流れ、潮風が心地良い港町。家と家との間にのびる「トウヤ」と言う名の細い小径は、漁へ向かうため、船に乗り込む漁師たちが利用するのはもちろん、集落の人たちの交流の場でもある。
 道の真ん中でうたた寝する猫に癒されながら歩いていると、屋根の隙間からグレーの尖塔が顔をのぞかせ、『﨑津教会』が見えてくる。日本でもめずらしい畳敷きの教会で、地元の信徒にとって大切な祈りの場所。よりみちで天草の空気に浸っている分だけ、この集落の歴史がより深く感じられる。
 帰り道に天草西海岸で見た水平線に沈む美しい夕陽に、激動の時代を過ごしたキリシタンの人々も見惚れていたかもしれない。

目的地

潜伏キリシタンの里に思いを馳せる

あちこちで干物づくりの光景も。
あちこちで干物づくりの光景も。
鯛茶漬けが名物の『彩庵(さいあん)』(土・日曜の昼のみ営業)の田中さん。
鯛茶漬けが名物の『彩庵(さいあん)』(土・日曜の昼のみ営業)の田中さん。
『宮下商店』の宮下さん夫妻。
『宮下商店』の宮下さん夫妻。
﨑津名物の「緋扇貝(ヒオウギガイ)」。
﨑津名物の「緋扇貝(ヒオウギガイ)」。
『﨑津教会』すぐそばの抹茶カフェ『花つばき』。
『﨑津教会』すぐそばの抹茶カフェ『花つばき』。
1805年、潜伏キリシタンが発覚する「天草崩れ」の舞台となった『﨑津諏訪神社』。
1805年、潜伏キリシタンが発覚する「天草崩れ」の舞台となった『﨑津諏訪神社』。
『下田珈琲店』2階に置かれたマリア像。
『下田珈琲店』2階に置かれたマリア像。
﨑津生まれの大将が営む寿司屋『海月(くらげ)』。「おまかせ握り」は2,160円~。
﨑津生まれの大将が営む寿司屋『海月(くらげ)』。「おまかせ握り」は2,160円~。
﨑津集落の歴史がわかる『﨑津資料館みなと屋』。
﨑津集落の歴史がわかる『﨑津資料館みなと屋』。
海へ伸びる生活路「トウヤ」。
海へ伸びる生活路「トウヤ」。
海上マリア像が立つ岬。夕陽が映し出すシルエットも美しい。
海上マリア像が立つ岬。夕陽が映し出すシルエットも美しい。
『﨑津集落ガイダンスセンター』にはレンタサイクルあり
『﨑津集落ガイダンスセンター』にはレンタサイクルあり

新旧が程良くミックス!
〈﨑津へのよりみち〉

本渡・銀天街アラウンド

天草下島の中心地として知られる本渡エリア。ここには、歴史を感じる商店あり、セレクトショップや雑貨店といった感度の高いお店ありと、独自の文化が育っている。そんな魅力たっぷりのストリートをぶらぶら街歩き。

よりみち1

天草カルチャー発信源へ

ショップは2階。1階部分はカフェになっており、 クレープやパフェ、タコスといった軽食が味わえる
ショップは2階。1階部分はカフェになっており、 クレープやパフェ、タコスといった軽食が味わえる

 昨年20周年を迎えた人気店。国内外問わずセレクトされたアイテムが並び、“096”や“AMAKUSA”等オリジナルアイテムの自社生産~販売も。地元保育園のTシャツ製作を請け負ったりと地域に根付いた姿勢も支持されている。

デザインから、自社工場で生産もおこなう 「MADE IN AMAKUSA」 “AMAKUSA”Tシャツ 3,240円
デザインから、自社工場で生産もおこなう 「MADE IN AMAKUSA」 “AMAKUSA”Tシャツ 3,240円
カフェで人気のクレープ。味やトッピングを多彩に用意 チョコバナナナッツ(アイストッピング) 550円
カフェで人気のクレープ。味やトッピングを多彩に用意 チョコバナナナッツ(アイストッピング) 550円

Information

FLAT TRACK(フラットトラック)
住所
天草市中央新町18-22
電話番号
0969-22-6422
営業時間
12:00~20:00
休み
水曜
席数
15席
駐車場
なし
備考
other menu
・タコス……………350円
・シェイク各種……500円
・パフェ各種………800円

よりみち2

かわいい雑貨達

ネックレスやイヤリング、ピアスといったアクセサリーも販売 “luccica”“KaZa”アクセサリー各種1,000円~
ネックレスやイヤリング、ピアスといったアクセサリーも販売 “luccica”“KaZa”アクセサリー各種1,000円~
元々花屋だったというここは、オーナー夫妻が気に入った雑貨や オリジナルコラボ商品が増えていき、2014年にリニューアル
元々花屋だったというここは、オーナー夫妻が気に入った雑貨や オリジナルコラボ商品が増えていき、2014年にリニューアル

 こぢんまりとした店内にファッションアイテムやキッチングッズ、文房具などをぎゅっと詰め込んだおもちゃ箱のようなお店。ナチュラルテイスト溢れる空間で、一角ではケーキやドリンクも味わえる。休憩スポットとしても気軽に。

Information

GREEN NOTE/cafe fika(グリーンノート/カフェフィーカ)
住所
天草市中央新町21-14
電話番号
0969-24-7744
営業時間
11:00~20:00(10/1以降は~19:00)
休み
なし
席数
4席
駐車場
周辺駐車場を利用

よりみちで会いたいヒト

九州唯一のフィルム映画を上映する映画好きのオーナー

代表・柿久和範さん
代表・柿久和範さん

50年以上の歴史を持つ昔ながらの映画館。通常の映画に加え、35mmフィルムでの上映もおこなっており、珍しい映画に出会えるかも。そんな映画館のオーナーである柿久さんは、休館中だった27年前に直談判して映画館を復活させた映画愛たっぷりの人。「映画はもちろん、ごはんを食べたり街歩きしたりして天草を楽しんでほしいですね」。

Information

本渡第一映劇
住所
天草市栄町5-23
電話番号
0969-23-1417
リンク
本渡第一映劇HP

よりみち3

海の幸を満喫

スタッフの威勢の良い声が響く店内。 その日おすすめの魚介類などが掲示されているのもうれしい
スタッフの威勢の良い声が響く店内。 その日おすすめの魚介類などが掲示されているのもうれしい
~11/30(金)まで開催中の「第18回あまくさ丼丼フェア」のメニュー あまくさ海鮮村丼 1,500円(ミニ丼は1,000円)
~11/30(金)まで開催中の「第18回あまくさ丼丼フェア」のメニュー あまくさ海鮮村丼 1,500円(ミニ丼は1,000円)

 テーブル、カウンター、座敷を備え、程良い大衆感が心地良い。地元で人気の居酒屋であるここは、週末限定でお昼も営業。天草の新鮮な魚介類てんこもりの海鮮丼が味わえる。丼は地元の「山の口焼」を使用。

Information

語らいの里居酒屋 あまくさ村
住所
天草市栄町10-36
電話番号
0969-24-1600
営業時間
17:30~翌1:00(オーダーストップ24:30、金曜は~翌2:00、オーダーストップ翌1:30、土曜は12:00~翌3:00、オーダーストップ翌2:30、日曜、祝日は12:00~24:00、オーダーストップ23:30)
休み
不定
席数
110席
駐車場
34台

よりみち4

おみやげを探しに

ウニや塩辛、煮山椒などの珍味から天草名産のお菓子、工芸品などおみやげが幅広く揃う。 天草観光の後におみやげを買うのにぴったりだ。天草空港内にも売店あり
ウニや塩辛、煮山椒などの珍味から天草名産のお菓子、工芸品などおみやげが幅広く揃う。 天草観光の後におみやげを買うのにぴったりだ。天草空港内にも売店あり

 創業100年以上の老舗みやげ店。天草の海で育った新鮮な海産物、銘菓、工芸品など、この一軒で欲しいものが見つかりそう。中でも人気は“粒ウニ”。時期によっては仕入れが難しい場合や売り切れの場合もあるので要確認。

Information

玉木商店(たまきしょうてん)
住所
天草市中央新町17-3
電話番号
0969-22-2032
営業時間
9:00~19:00
休み
なし
席数
12台

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS