1. Home
  2. トピックス
  3. 新町の洗馬橋そばに現れた大正ロマンの雰囲気漂う古民家

新町の洗馬橋そばに現れた大正ロマンの雰囲気漂う古民家

熊本地震復興応援企画「くまもと元気通信」

  • 情報掲載日:2018.08.18
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
洗馬橋たもとの『文林堂』を唐人町の方へ進むと、2~3軒目にすぐ現れる
洗馬橋たもとの『文林堂』を唐人町の方へ進むと、2~3軒目にすぐ現れる

 通りがかりに目を奪われるハイカラな建物の壁は、新町が栄えていた古き良き時代を彷彿させる艶やかなカラー。熊本地震の前からあったレストラン『伊太利屋台』だが、棟続きに見えていた隣の建物が地震の影響で解体、隠れていた北側の壁が露出した。使用を止めていた2階のリニューアル工事にともない、外壁を昔からある弁柄(べんがら)と呼ばれる漆喰色で新たに塗り替えたのだ。店も屋根や壁に被害は受けたものの、営業を休んだのはわずか1日だけだった。「南坪井から引っ越した14年前、古い建物の補強にと鉄の柱を数本入れたのが被害を最小限にしてくれました」と、オーナー。秋以降は2Fのスペースを1組で貸切りできたり、上映会などもできるよう計画中。また、地下にある川沿いのオープンテラスにもテーブルを設けるというから楽しみだ。(担/小崎)

改装工事中の2階。北側の窓からは、 中央郵便局前の洗馬橋電停方面が見える
改装工事中の2階。北側の窓からは、 中央郵便局前の洗馬橋電停方面が見える
オーナーシェフの塘永さん
オーナーシェフの塘永さん

Information

伊太利屋台(いたりやたい)
住所
熊本市中央区新町2-7-14
電話番号
096-352-3040
営業時間
18:00~オーダーストップ23:00
休み
不定
席数
48席
駐車場
なし

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS