1. Home
  2. トピックス
  3. 肥薩おれんじ鉄道を舞台にした映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出…

肥薩おれんじ鉄道を舞台にした 映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」が公開!

有村架純・國村隼・吉田康弘監督が舞台挨拶で来熊

  • 情報掲載日:2018.11.26
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

11月30日(金)より全国ロードショーを迎える映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」。本作は鹿児島~熊本間を走る肥薩おれんじ鉄道が撮影の舞台となっており、11月23日(金・祝)からは鹿児島・熊本の両県で先行公開されている。11月24日(土)、本作で主演・奥薗晶役を務めた有村架純、晶の義父・奥薗節夫を演じた國村隼、そして本作のメガホンをとった吉田康弘監督がユナイテッド・シネマ熊本で舞台挨拶をおこない、作品の見どころや想いを語ってくれた。

熊本の料理、特に
馬刺しが好きです

--映画が完成して、舞台挨拶を迎えた今の気持ちをお聞かせください。

國村「私は関西育ちですが生まれは熊本の八代なので、いわば里帰りしたような感じ。協力してくださった方たちにひと足早く観ていただけるのはうれしいですね」

吉田「熊本の地で撮影した作品が、熊本で先行公開されることをうれしく思います」

有村「熊本でこのようにたくさんのお客さんに来ていただけてうれしいです。個人的に熊本の料理が好きで、東京にいても熊本の料理屋さんに行ったりするんです。馬刺しが好きで。ヘアメークさんが熊本出身なんですけど、今日もヘアメークさんのご家族の方が馬刺しを買ってきてくださって。合間に食べられたので大満足です(笑)」

--劇中では、國村さんは鹿児島弁を喋っていらっしゃいますが、方言や運転士の専門用語について苦労した点などはありますか?

國村「運転士としてのセリフは、そんなに大変ではなかったです。だけどベテランの運転士役なので、ベテランならではの風情を出すことを意識しました。そういう意味では次にやることを考えながら、いろんなことを並行して進めていくのが難しかったですね」

--本作はオリジナルの脚本ということで、企画の段階から何度も下見を重ねて、肥薩おれんじ鉄道とそこに生きる人たちを描いたとのことですが、どんなところに魅力を感じましたか?

吉田「景色のすばらしさですね。特に肥後二見の海岸線とか。肥薩おれんじ鉄道に乗って見る景色は本当にきれいです。タイトルバックにもその風景を使っているので、ぜひ注目してください。沿線の方々にはエキストラとしても多くの方に出演いただきました。婦人会の方々の温かい炊き出しもいただいて、美味しいごはんを食べながら、スタッフみんなでいい映画を作ることができました」

國村「九州は海もあって山もあって、お肉も牛・豚・鶏すべて美味しい。海の幸も美味しい。そして美味しい焼酎もたくさんある(笑)。どれがというよりも、すべて美味しいです」

熊本料理が好きだという有村架純さん
熊本料理が好きだという有村架純さん

感謝や愛を
たくさん伝えてほしい

--熊本の方たちに、「ここに注目してほしい」というポイントを挙げるとしたら?

有村「とにかく映像が美しいんです。皆さんが見たことのある景色を美しくカメラマンさんが切り取ってくださっているので、そこを堪能してもらえたらうれしいです」

吉田「この映画は説明が多い映画ではなくて、セリフも最小限ですし、わかりにくいかもしれません。想像力を働かせて、観る人それぞれが補う形でようやく映画が完成すると思っているので、W主演の有村さん・國村さんのお2人の表情ひとつ逃さず見てもらえたらと思います」

國村「鹿児島弁をずっと喋っているのですが、不思議なもので血というか遺伝子というか、0歳の頃に熊本から関西へ引っ越したから九州の言葉はまったくわからないはずなのに、割と違和感なく入れたんです。うまくできてるかどうかはわかりませんが、その辺をぜひチェックしてみてください(笑)」

吉田「実在している肥薩おれんじ鉄道、そして実在している鹿児島・熊本の地名をそのまま出した映画。ということは、そこに住んでいる方たちと作った映画だと思っています。皆さんが気に入っていただけたら、ここ熊本から全国へ広まっていくよう応援していただけたらうれしい」

國村「この作品は鹿児島・熊本の皆さんで作った映画です。この作品がはばたいて、大空を飛び回るように力をお貸しください。大きく育ててやっていただけたら」

有村「なかなか、こういったキャンペーンがないと、地方に行ったりだとか皆さんにお会いできる機会はないので貴重な時間だなと思います。映画を作るのには1か月くらいかかるんですけど、毎シーン毎シーン、何時間もかけて作っています。大変なこともあるし、苦しいこともありますけど、こうやって皆さんに観ていただける日を楽しみに作品を作っているんだなと今日改めて感じました。今日この日を迎えられるのは本当に幸せなことだなと思っています。この作品は家族の在り方を皆さんに考えていただくような作品になっていると思うので、観終わった後、もし大切な方がいらっしゃったら、感謝とか愛とか、たくさん伝えてほしいなと思います」

笑顔も見られる和やかな舞台挨拶となった
笑顔も見られる和やかな舞台挨拶となった

Information

「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」
開催期間
2018年11月30日(金)全国ロードショー
※11月23日(金・祝)~、鹿児島・熊本先行公開
会場名
TOHOシネマズ宇城、TOHOシネマズ光の森、TOHOシネマズはません、イオンシネマ熊本、ユナイテッド・シネマ熊本
リンク
映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」公式サイト
TOHOシネマズ宇城
TOHOシネマズ光の森
TOHOシネマズはません
イオンシネマ熊本
ユナイテッド・シネマ熊本
映画の見どころを語ってくれた國村隼さん
映画の見どころを語ってくれた國村隼さん
メガホンをとった吉田康弘監督
メガホンをとった吉田康弘監督
リラックスした雰囲気でおこなわれた舞台挨拶
リラックスした雰囲気でおこなわれた舞台挨拶
大勢のお客さんたちと撮影
大勢のお客さんたちと撮影

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS