1. Home
  2. トピックス
  3. 【KUMAMOTO STYLE vol.19】藏原広人さん

KUMAMOTO・STYLE

【KUMAMOTO STYLE vol.19】藏原広人さん

熊本のカルチャーと共に育ったタンクマ。同じように洋服や音楽など様々なカルチャーに触れてきたカッコイイ人たちのルーツを探ります

  • 情報掲載日:2019.06.08
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

あなたの街のカッコイイ人にこだわりを聞いてみました

【PROFILE】
菊陽町在住29歳。オープン4年目となる上乃裏の書店『my chair books』のオーナー。独自の目線でセレクトした、古本、漫画、リトルブックに雑誌など、約500冊以上が揃う

自分の知らないことを、年上の人から学ぶことが多いんです

 Webやデジタルのサービスが充実してきたこの時代、本や生の音楽に触れる機会は少なくなってきているようにも思える。そんな中でも、自分で書店を営む藏原さんは、アナログ感を楽しめる貴重な存在なのかもしれない。平成元年生まれの藏原さんは、小学生の頃から本と音楽に触れてきた。“ONE PIECE”や“HUNTER×HUNTER”が連載開始した“少年ジャンプ”に、“モーニング娘。”、“DA・PUMP”の“SPEED”等々・・・・・・。90年代カルチャーの王道が、当時の少年・藏原さんを夢中にさせた。そんな中で藏原さんをステップアップさせたのは年上の人たちの存在だ。「漫画は兄の影響で青年漫画を知りました。大学時代には、所属していた軽音サークルで、先輩にたくさんの音楽を教えてもらいましたね」。藏原さんが少し背伸びをして見た新しい世界には、好きなことをもっと夢中にさせてくれる何かがあったのだろう。

藏原さんのお気に入りのCD
ハードコアバンドFIXEDのアルバム“DEAR”。「もの凄いメンバーが集まってるバンドなんです!」と藏原さんも熱く話す
ハードコアバンドFIXEDのアルバム“DEAR”。「もの凄いメンバーが集まってるバンドなんです!」と藏原さんも熱く話す
京都のシンガーソングライタ・小川さくらのアルバム“日々”。癒しのアコースティック・サウンドをバックに、優しい歌声が響く
京都のシンガーソングライタ・小川さくらのアルバム“日々”。癒しのアコースティック・サウンドをバックに、優しい歌声が響く
藏原さんのお気に入りの一冊
韓国のシンガーソングライター「イ・ラン」のエッセイ本。日々の生活を彼女なりの視点で綴った注目の一冊だ
韓国のシンガーソングライター「イ・ラン」のエッセイ本。日々の生活を彼女なりの視点で綴った注目の一冊だ

関連記事

SNS