1. Home
  2. トピックス
  3. 《MUSIC INTERVIEW/中田裕二》

MUSIC INTERVIEW

《MUSIC INTERVIEW/中田裕二》

  • 情報掲載日:2019.09.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

熊本出身のシンガーソングライター・中田裕二はどうやらこの作品で新たなフェーズに突入したようだ。前作『NOBODY KNOWS』の完成直後から曲作りを開始し、“リリシズム(叙情性)”を共通のテーマに掲げて選曲、制作していったという最新作『Sanctuary』。一聴して、ここ数作の作品とは明らかに毛色が異なることがわかる。AORを強く打ち出した音から、現代的なサウンドへの変化。その真意を本人に聞いてみた。

市民ランナーの皆さんに心奪われて。そこに人生を感じたんです

過去の作品とは異なる毛色の新作

―通算8枚目となるオリジナルアルバム『Sanctuary』は、ここ2〜3作で特に強かったAOR色をあまり感じないというか、また新しい肌触りの作品に仕上がっているなという印象を受けたのですが。

 仰る通りで、今回はAORではないですね。今の時代性も少し意識しつつ、バンドグルーブを聴かせる曲と、現代的な打ち込みを取り入れた曲とを半々でというイメージで作りました。ここ数作は敢えて時代と真逆のアレンジをしていたんですけど、今の時代の空気感も感じられるようなアルバムになればいいなと思って。サウンド面に関しても、プレイヤー一人ひとりの音がしっかりクリアに聴こえるように心がけたのと、洋楽的な仕上がりにしたいなと思って制作しました。

―M1『フラストレーション』からいきなりメッセージ性が強いというか、現代のSNS社会に警鐘を鳴らす歌詞がとても痛快でした。「気付けばディスプレイばかり見つめ/誰もが日常を切り取って並べた」っていうフレーズとか。こういったことはふだん中田さんが感じていること?

 そうですね。それが悪いとか、だからこうだとかっていうことではなくて、今って実際こうだよなってふだん思っていることを書いてみようと。スマホの画面を長時間見てるとストレートネックの原因になったりするらしいので、自分も気をつけてます。ミュージシャンは特に、演奏の時とか前傾姿勢になることが多いので……っていう曲です(笑)。

―「ストレートネックには気をつけよう!」という曲ですか(笑)。そして続くM2『ランナー』はラップ調の出だしが印象的な、これまでの中田さんの楽曲にはなかったタイプのナンバーですね。

 東京マラソンに友人が参加するっていうことで観にいったら、市民ランナーの皆さんに心奪われてしまって。みんないろんなものを背負って、目標を決めて、走って
いるんだろうなあと思うと、そこに人生を感じたんです。「完走したらこうしたい」とか、それぞれのランナーにドラマがあるんだろうなあと思って。そういう裏に隠れた想いに触発されて作った曲です。

―今の中田さんがしっかり詰まったアルバムに仕上がっているわけですね。地元・熊本から応援しています。

 ありがとうございます。またライブで熊本に戻ってきたいと思いますので、読者の皆さんもぜひライブに遊びに来てください。

【PROFILE】

1981年生まれ、熊本県出身。2000年にロックバンド・椿屋四重奏を結成。ロックバンドの枠にとらわれないスケール感と個性あふれる楽曲で人気を集める。2011年に解散後、ソロ活動を開始。確かな歌唱力に裏打ちされた艶のある歌声、幼少時に強く影響を受けた70 - 80年代の歌謡曲/ニューミュージックのメロディセンスを核に、様々な情景描写や人生の機微をテーマとした詞作によるソングライティングが幅広い層に支持されている。

▶RELEASE
『Sanctuary』 NOW ON SALE/3,240yen
『Sanctuary』 NOW ON SALE/3,240yen

関連記事

SNS