1. Home
  2. トピックス
  3. MUSIC Interview杉本恭一(すぎもときょういち)

MUSIC INTERVIEW

MUSIC Interview 杉本恭一(すぎもときょういち)

  • 情報掲載日:2019.02.27
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

 昨年末に熊本公演を含むツアーを終えたばかりの杉本恭一が、2月20日(水)にソロ9枚目となるアルバム『think outside the box』をリリース。先行配信されアルバムのリードトラックにもなった『ズル休み』を中心に、制作の背景を聞いた。

PROFILE:1987年、“LÄ-PPISCH(レピッシュ)”にてデビュー。G/Cho/メインコンポーザーとして活躍。類いまれな楽曲センスとライブ・パフォーマンスで、熱狂的なファンを生み出してきた。ソロ・アーティストとしても精力的に活動する。
PROFILE:1987年、“LÄ-PPISCH(レピッシュ)”にてデビュー。G/Cho/メインコンポーザーとして活躍。類いまれな楽曲センスとライブ・パフォーマンスで、熱狂的なファンを生み出してきた。ソロ・アーティストとしても精力的に活動する。

“正しい”世の中を生きるみんなへのラブソングを歌った

―『ズル休み』はどんなきっかけで作ったんですか?

 最近世の中がどんどん“正しく”なってきていますが、おおらかな時代を生きてきた人間としては窮屈で。この曲はそんな時代を生きるみんなに対するラブソングなんです。そして、アルバムのテーマは“創造力”。タイトルを直訳すると「箱の外側を考える」なんですけど、「柔らか頭で考える」という意味になります。

―デビューから32年となりますが、どんな心境ですか?

 年々理想が上がってしまうんです。経験も、作ってきたものもどんどん積み重なって増えていくので。「これは前にやったからもういい」とか、自分のジャッジがきつくなっていく。だから正直苦しくて、「もう作れないのかな?」というぐらい弱気になるんです。でも、作品のグレードが上がってきていると自分では思うし、特に今ソロ活動で一緒にやっているバンドメンバーは、最強なんです。だから曲をもっと聴いてほしいし、ライブももっと観てほしいという思いは相当強くなってますね。


◆LIVE INFO
【時】2019/3/24(日)開場17:30/開演18:00
【会】福岡UTERO
【問】TSUKUSU TEL.092-771-9009

『think outside the box』NOW ON SALE/3,000yen
『think outside the box』NOW ON SALE/3,000yen

関連記事

SNS