1. Home
  2. トピックス
  3. 「地震で傷ついた故郷を思い」人々の笑顔を願って生まれた焼酎

「地震で傷ついた故郷を思い」人々の笑顔を願って生まれた焼酎

  • 情報掲載日:2019.02.27
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
ほのかな吟醸香、七滝米の持つ甘み、そしてすっきりとした味わいを楽しめる。購入は熊本市の百貨店をはじめ、御船町の商店など15軒ほどで販売。
ほのかな吟醸香、七滝米の持つ甘み、そしてすっきりとした味わいを楽しめる。購入は熊本市の百貨店をはじめ、御船町の商店など15軒ほどで販売。
球磨焼酎「ななたき」 1,490円(720ml)

 熊本地震で多大な被害を受けた御船町七滝地区。農業用水路の水が流れなくなるほか、町の主要道路である国道445号が2年間通行止めになるなど、痛手を受けた。この地区では、農業用水路の復旧ができず、2年連続作付けできない農家もいた。そんな中、同地区出身で運輸・引越・倉庫業を営む『AZUMA』の上田社長が、「町の人を応援したい」と一念発起。収穫できた〝七滝米〟を使ったお酒の開発を企画した。人吉・多良木町の酒造会社『房の露』と手を組み、上質な球磨焼酎を完成させた。まろやかな味わいで七滝米の持つ甘みも感じることができ、人気は上々だ。「このお酒でたくさんの人が御船や七滝のことを知り、『おいしい』と笑顔が生まれる場を作れたら嬉しいです」と上田社長。地域を思い誕生したお酒、一度お試しあれ。(担/大塚)

『株式会社 AZUMA』 代表取締役・上田裕子さん「この焼酎をきっかけに、御船や七滝のことをもっと知ってもらいたいです」
『株式会社 AZUMA』 代表取締役・上田裕子さん「この焼酎をきっかけに、御船や七滝のことをもっと知ってもらいたいです」
問い合わせ

株式会社AZUMA
Tel.096-237-2378

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS