1. Home
  2. トピックス
  3. 《上益城郡山都町/通潤酒造》地震から3年・・・新しい観光酒造に生まれ変わ…

《上益城郡山都町/通潤酒造》地震から3年・・・新しい観光酒造に生まれ変わった『たのしむ酒造』

  • 情報掲載日:2019.05.16
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

地震から約3年。老舗酒造が装いを新たに生まれ変わった!

フロア内で高低差を付け、カジュアルとシックな空間の二面性を持った空間となっている
フロア内で高低差を付け、カジュアルとシックな空間の二面性を持った空間となっている

 純米吟醸酒『蝉』や『蛍丸』が有名な明和7年創業の老舗酒造。熊本地震で全20棟のうち、県内で最も古い酒蔵『寛政蔵』を含む13棟の蔵が被害にあった。屋根が落ち、大きく斜めに傾いていた蔵は、約3年の歳月をかけてまったく新しい観光酒造に生まれ変わった。「地震で被害を受け、復旧・復興へと向かっていた上で、お酒を“知る”酒造ではなく、“たのしむ”酒造にしたいという想いが強く、今回の再生の形となりました」と話すのは社長で12代目蔵元の山下泰雄さん。『寛政蔵』は1792年の建築当時の梁などは生かし、全面フローリングで明るい印象に。鮮やかな鯉が泳ぐ池を眺めながら過ごす縁側の席もおすすめで、自慢の日本酒3種類を飲み比べが出来る“利き酒セット”などをいただきながら過ごすのも洒落ている。「ハンドルキーパーでお酒が飲めない人にも楽しんでもらえるように」と、ノンアルコールとお土産用の日本酒がセットになったメニュー(1,000円)や、特製の“あまざけ”の用意もあり、家族や友人などみんなで楽しめる仕組みとなっている。ゆっくり流れる時間の中で、ただおいしいお酒を楽しむ時間は最高の贅沢だ。(担/大塚)

通潤酒造の日本酒3種類の飲み比べができる“利き酒セット”は1,000円。ソムリエ・米野真理子さん厳選のセットは2,000円
通潤酒造の日本酒3種類の飲み比べができる“利き酒セット”は1,000円。ソムリエ・米野真理子さん厳選のセットは2,000円
ビーガンのお菓子が付いた“苺あまざけ”600円も美味!
ビーガンのお菓子が付いた“苺あまざけ”600円も美味!
庭園の石畳のアプローチは、『通潤橋』と同じ石で作ったそう
庭園の石畳のアプローチは、『通潤橋』と同じ石で作ったそう
「新しくなった蔵で、ゆっくりとした時間を過ごしてほしいです」12代目蔵元の山下泰雄さん
「新しくなった蔵で、ゆっくりとした時間を過ごしてほしいです」12代目蔵元の山下泰雄さん
外国人のスタッフも常駐しており、英語対応可能。酒蔵見学は事前に予約を。
外国人のスタッフも常駐しており、英語対応可能。酒蔵見学は事前に予約を。

2019.3.30 RENEWAL OPEN

通潤酒造
住所
上益城郡山都町浜町54
電話番号
0967-72-1177
営業時間
9:00~17:00
休み
第2・4日曜
席数
44席
駐車場
4台(近隣に大型駐車場有)
備考
【カード利用】可

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

SNS