1. Home
  2. トピックス
  3. 【TANKUMA SPECIAL INTERVIEW 】ROLAND

TANKUMA SPECIAL INTERVIEW

【TANKUMA SPECIAL INTERVIEW 】ROLAND

『熊本パルコ』で開催された展覧会を記念して、ホスト界の帝王 ROLANDがついに熊本に初降臨!

  • 情報掲載日:2019.11.17
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
左から花澤涼、ローランド、霧島陸
左から花澤涼、ローランド、霧島陸

9月末まで『熊本パルコ』で開催されていたROLAND初の展覧会“Ro LAND 〜俺か、俺以外か〜”。全国で約10万人を動員した話題の巡回展の熊本開催を記念し、スペシャルトークショーが実現した。当日、早朝5時から約600人が入場券を求めて列を作るほどの注目度! 新店舗『THE CLUB』の花澤涼さんと霧島陸さんも登壇する中、ローランドが何を語ったか? 名言ラッシュの一部をご紹介!

ベルサイユ宮殿が家で、熊本城は別荘!?

―まずは初めて熊本を訪れた感想をお聞かせください。

ローランド(以下・ロ) 熊本城の存在はもちろん知っていたんだけど、今までは「お前が会いに来いよ」って思っていたんだよね(笑)。今回初めて熊本を訪れて間近にみたら、やっぱりかっこいいね。これなら「俺が会いに行っちゃうよ」って感じかな。和風よりも洋風が似合う男だから毎日は住めないけど、別荘にするのはいいかも。来る前は〝熊本=温暖な地域〟くらいしかイメージなかったけど、女の子みんな可愛いし、いいところですね。陸くんは宮崎出身だから熊本と近いものがあるよね。

霧島陸(以下・陸) 僕、宮崎からきたっちゃけどさ〜。

ロ) でた、宮崎弁ね。彼はうちのお店でオーディションをした時にエントリーしてくれた800人の中の1人なんだけど、最初は何を言っているか全く分からなくて。めっちゃかっこいいけど、会話が通じない。でもやっと標準語を覚えて、今頑張ってくれています。せっかくだから挨拶しようか。

陸) ローランドさんには可愛さのかけらもないですけど(笑)、僕は可愛さとかっこよさを掛け合わせたハイブリッドです!

ロ) そして涼くんは、昨日夕食を食べに行ったお店で店主が作ってくれただし巻き玉子を食べて「このかまぼこ、めちゃくちゃおいしいですね〜」って言っていたけど今日は二日酔い大丈夫ですか?

花澤涼(以下・涼) ……頑張ります(苦笑)。

人生も運転も、後ろ向きだと事故るよ

―ローランドさんといえば独特の名言ですが、この言葉の数々はいつ、どんな時に思いつくんでしょうか?

ロ) 一つだけテーマがあって、嫌なことがあった時、落ち込んだ時に僕の言葉を聞いて「あ、明日も頑張ろうかな」って前向きになってほしいなって思いますね。「夏休み終わって学校行かなきゃな〜」とか、「今日はきついな〜」って時に見て、聞いて、元気になってもらえたら嬉しい。ちなみに、ふたりは僕に言われて印象に残っている言葉ってある?

涼) 常日頃言われている「つらい時こそ頑張れ」ですかね。いい時は波に乗っていけるけど、つらい時は踏ん張って乗り越えていかないといけないですから。

ロ) 運転をする時にルームミラーで後ろばっかり見ていたら事故しちゃいますよね。それと一緒で、人生もしっかり前を向いて進まないと目的地にたどり着けないし失敗もしちゃう。だから辛くても顔をあげて前を向けってスタッフにはいつも言っているので、覚えていてくれて嬉しいですね。

陸) 僕もいろいろあるんですけど、「年齢はどれだけ生きたかは教えてくれるけど、どう生きたかは教えてくれない」ですね。

ロ) 「俺、まだ若いんで」とか「もう年なんで」って年齢を言い訳にするなと。どう生きたかが大事なんだといつも言っているので、二人のもしっかり生きてほしいですね。

幸せは独り占めより、シェアした方が長く続く

―そして、これらの名言を収めた本『俺か、俺以外か。ローランドという生き方』も好評です。

ロ) おかげさまで15万部くらい売れているんですけど、実は印税をすべて寄付しているんです。これまでに、カンボジアに学校を建てたり、自然災害で苦しむ東北や放火事件で多くの命を失った京アニにも寄付をさせていただきました。皆さんが本を手に取ってくれたおかげでこういう活動ができることに感謝しています。自分だけが幸せになるんじゃなくて、いいことはシェアした方が長く続くよっていうことはみんなにも伝えたいですね。

―様々な社会貢献をしようと思ったきっかけはありますか?

ロ) 人って満腹になったらもう何も口に入れられないじゃないですか。そうなったら、「食べられないから人にあげよう」ってなりますよね。僕も以前は「自分が幸せになること」ばっかり考えて、頑張り続けてきました。その結果、満腹になる瞬間があって。それから、自分に入らない分は人に分けてあげようって自然と思えるようになりましたね。みんなも、今、余裕がなくて人のことを考えられなくても、それはそれで人間らしくていいと思う。まずは自分の為に頑張る、そしたらいつか人のために頑張れる時が来ると思うので。

―今回のトークショーはいかがでしたか?

ロ) 毎日スケジュールがタイトなんですが、みんなの笑顔がフラッシュバックすると「今日も頑張ろう!」ってモチベーションの源になりますし、「ファンを悲しめることがないように正しく生きていこう」って戒めになりますね。ですから、本当に暑い中、集まってくれたみんなには感謝です。

涼) 熊本には初めて来ましたが、ご飯も美味しく本当にいい町でした。またすぐに、ローランドさんと一緒に来たいと思います。

陸) 地元宮崎の隣の県ということで、訪れるのをとても楽しみにしていました。人前に出るのが好きなので、また機会がありましたら呼んでください。

ロ) 今回、熊本空港に着いたら綾野剛くんから連絡が入って「僕も今、舞台挨拶で熊本に来ているんですよ」って。ローランドがいて、綾野剛がいる熊本って、第二の首都って言ってもいいんじゃない? ってことで、今日から熊本のみんなは「第二の首都に住んでいる」って胸を張って生きてください!

Profile

ROLAND

18歳でホストデビューし、歌舞伎町の数々の最年少記録を更新。弱冠20歳にして当時所属していた店舗の代表取締役に就任。名実ともに現代ホスト界の帝王と称されている。至高のプロ意識、唯一無二の存在である理由を多面的な切り口で語る著書『俺か、俺以外か。ローランドという生き方』は、読み手の胸に熱く響き、明日への活力となるはず。

関連記事

SNS